シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
マシェリ モイスチュアシャンプー
(資生堂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

マシェリ モイスチュアシャンプー

資生堂


マシェリ モイスチュアシャンプー のオススメレベル

マシェリ モイスチュアシャンプー の解析結果

平凡なレベルを出ない代物。


一見使用感のいいシャンプーで、好きな方も多い系かと思われますが、
実際にはラウレス硫酸ベース、高脱脂力による髪バサバサ状態を、必死に他のシリコンをはじめとした成分で誤魔化しているというのが実態。

これでは髪も肌もかわいそうだ。


[PR]

マシェリ モイスチュアシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ココアンホ酢酸Na、ココイルメチルタウリンタウリンNa、ジステアリン酸グリコール、DPG、コカミドMEA、ソルビトール、塩化Na、ポリクオタニウム-10、ヒドロキシエチルウレア、乳酸、グルタミン酸、アルギニン、イノシトール、ハチミツ、ワインエキス、ジメチコン、クエン酸、ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ラウロイルメチルタウリンNa、EDTA-2Na,PPG-70ポリグリセリル-10、乳酸アンモニウム、BG、BHT、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料、赤401、黄5

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ソルビトールはブドウ糖を還元して合成。保湿効果。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。
ヒドロキシエチルウレアは低刺激の尿素誘導体で、持続性の高い保湿、キューティクル平滑効果を付与。
グルタミン酸は酸性極性側鎖アミノ酸で、保湿、角層代謝を促進する役割。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
イノシトールは米ぬかの中のフィチンから抽出された成分で、ビタミンBの一種として抗シワ、皮脂抑制、保湿作用を持ちます。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。

    マシェリ モイスチュアシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 素材の品質:2
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/200ml
  • 価格/648円
  • 1mlあたり/3.24円

マシェリ モイスチュアシャンプー の宣伝文,商品説明:

傷ついた髪の内部までいたわりながら、じんわり浸透するシャンプーです。
〇しっとりまとまる髪に仕上げる、まとまりコントロール成分(毛髪保湿成分)配合。
〇さわやかに甘く、ロマンティックな香りが持続。
〇タバコなどのいやなニオイがつきにくいスモーキーカット香料配合。
〇ヘアカラーしたての色をキープする。
〇ドライヤーの熱や摩擦から髪を守る。

[PR]
マシェリ モイスチュアシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム