シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ママバター シャンプー
(ビーバイイー
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ママバター シャンプー

ビーバイイー


ママバター シャンプー のオススメレベル

ママバター シャンプー の解析結果

きめ細かい上質な泡質のシャンプー


すっきりと洗い上げながら、とても低刺激で優しいタッチが特徴。
さらに、シアバターの潤滑性、防腐剤のマイルドさ、添加洗浄剤によるさっぱり感がクオリティを向上させています。

ただでさえ上品な洗浄剤がベースでありながら、ペリセアを添加して超低刺激&コンディショニングに仕上げている点は大いに評価すべきでしょう。


マイルドタッチながら、クレンジング効果は適度にあり


ベース洗浄剤こそ上品で控えめですが、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルやココイルグリシンNaの添加により脱脂力を向上させ、さっぱりとした仕上がりに一役買っています。
シアバターの滑らかな仕上がりを第一印象では感じられますが、そこそこクレンジング力もあるバランスのとれた構成といえます。

肌に優しく、洗浄性が上質なシャンプーをお探しの方には選択肢に入れても良い逸品といえます。


[PR]

ママバター シャンプー の全成分:

水、ラウラミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ジステアリン酸グリコール、ラウロイルメチルアラニンNa、シア脂、シア脂アミドプロピルベタイン、シアバターノキエキス、ラベンダー油、ローマカミツレ花油、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ココイルグリシンNa、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、エチドロン酸、エチドロン酸4Na、クエン酸、塩化Na、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
シア脂は、肌に塗ると溶けて浸透する感触の良いエモリエント剤。紫外線吸収効果も。
シア脂アミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、マイルドな洗浄性とシアバターのエモリエントなコンディショニング効果を併せ持ちます。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ローマカミツレ花油はキク科ローマンカモミールから得た精油。ヨーロッパのリンゴに似たフルーティな香調。気持ちを落ち着かせ、リラクゼーション効果を与えます。
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルは非イオン界面活性剤。高いクレンジング効果を持ち、脱脂力が高い乳化剤として用いられます。
ココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
ポリクオタニウム-7は、泡質を細かくし、濡れている状態の髪を柔らかくする効能を付与。
エチドロン酸はキレート(金属封鎖)剤の一種で、1-ヒドロキシエタン-1 1-ジホスホン酸という物質名の有機リン化合物。製品の品質保持剤、もしくは髪のコンディションアップで配合。
ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニルは真菌・カビ・酵母菌を抑制し、特にカビに効果大。安全性高い。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
[PR]
ママバター シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム