シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
マオファ ナチュラル シャンプー(ビバニーズ・パドック) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

マオファ ナチュラル シャンプー

ビバニーズ・パドック

マオファ ナチュラル シャンプー

マオファ ナチュラル シャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: X
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: △
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
まとまり: X
1mlあたり7 円
360 ml/2800 円

マオファ ナチュラル シャンプーの解析結果

頭皮のケアを重視した設計と見ますが、さほど品質の高い方にあらず。


洗浄力はそれなりに高く、泡質は良いものの上質という類の製品ではありません。
エキス類は頭皮コンディショニング効果を持つものが揃っていますが、レベルは高いとまでは言えません。

成分を見ていくと、
スルホコハク酸(C12-14)ラウレス2Naは高い洗浄力と泡立ち力で、生分解性が良い点が特徴のやや低刺激洗浄剤。
ココイルグルタミン酸TEAはグルタミン酸とヤシ油脂肪酸による洗浄剤。皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油はピロリドンカルボン酸と多価アルコールによる非イオン界面活性剤で、増粘、乳化安定、可溶化剤として優れた成分。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ムクロジエキスはサポニンを豊富に含んでおり、抗菌・抗炎症作用を付与。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ダイズ発酵エキスはグルタミン酸ポリマーを主体とする高粘度蛋白水溶液。
単なる被覆効果だけでなく、角質内部から天然保湿因子を産生させる効果があり、しっとりとした感触を与える。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
ジオウエキスはイリドイド配糖体、マンニトールなどの糖類を含有し、保湿、皮膚細胞活性化を付与。
ソウハクヒエキスは抗炎症・美白・ニキビ抑制、紫外線防止効果。
甘草エキスはグリチルリチンを含有する抗炎症エキスで、優れた消炎、刺激緩和作用を付与。また、グラブリジンによる美白作用も与えます。
シャクヤク根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。
セイヨウハッカ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、皮脂の抑制、収斂、血行促進効果。
センキュウエキスはセリ科植物センキュウの根抽出物。クニデライト、センキュウノライドといった精油、フェルラ酸を含有。血行促進、抗炎症作用などを付与。
トウキ根エキスは収れん作用、抗炎症作用、血行促進、CMC形成促進作用、バリヤ機能強化作用、抗菌作用。
ジメチコンコポリオールはポリエーテル変性シリコーンで、毛髪、皮膚により優れた滑り、保湿性を付与します。

総合すると、
悪くはありませんが値段ほどではなく、平均的なスカルプシャンプーといっていいでしょう。

洗浄力がやや高いのとエキスの質がもう少し上げられる可能性を感じるので、評価としては平凡。

マオファ ナチュラル シャンプーの宣伝文,商品説明:

植物エキス配合により頭皮のコンディションを整えるサロン仕様シャンプーです。頭皮をいたわりながら汚れを落とし、しっとりと仕上げます。

マオファ ナチュラル シャンプーの全成分:

水、スルホコハク酸ラウレス2Na、コミカドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココアンホ酢酸Na、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、ベタイン、ムクロジエキス、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、ダイズ発酵エキス、オタネニンジンエキス、ジオウエキス、ソウハクヒエキス、甘草エキス、サイシンエキス、シャクヤクエキス、セイヨウサンザシエキス、セイヨウハッカエキス、センキュウエキス、トウキエキス、ベニバナエキス、ジステアリン酸PEG-150、ポリオクタニウム-10、ジメチコンコポリオール、ラウリルピリジニウムクロリド、イソプロパノール、エタノール