シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
メディシス エクストラ シャンプー
(クラシエ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

メディシス エクストラ シャンプー

クラシエ


メディシス エクストラ シャンプー のオススメレベル

メディシス エクストラ シャンプー の解析結果

ラウレス硫酸ベースで高洗浄なところに、シリコン配合。


さらにラウリル硫酸Naというダメ典型パターン。
それでも、非イオン界面活性剤やアミノ酸系、疑似セラミド、アミノ酸、トレハロース、デンプンなどのコンディショニング成分が
手触りをよさげに見せる。
しかしながら、
儲けるためだけのシャンプーといわれても仕方が無いほどにやる気を感じない内容だ。
クラシエからこのような製品を出して欲しくなかったのだが、これはダメだ。


[PR]

メディシス エクストラ シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ジメチコン、アラニン、プロリン、グルタミン酸NA、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、カギイバラノリエキス、ダイズ油、トコフェロール、クエン酸、ポリクオタニウムー10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸NA、BG、ラウリル硫酸NA、EDTA-2NA、安息香酸Na、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルは非イオン界面活性剤。高いクレンジング効果を持ち、脱脂力が高い乳化剤として用いられます。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
コカミドMEAが泡立ちを安定、持続的に保つ。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
アラニンは保湿性が高く、肌がアルカリ性にならないようにする働きがあるアミノ酸で、角質バリヤを強化します。
プロリンは環状アミノ酸で、保湿、肌機能活性化、コラーゲンに多く含まれるアミノ酸です。
ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)(エルデュウ CL-301)はセラミド同様にラメラ液晶を形成するセラミド類似体で、エモリエント効果を付与します。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
カギイバラノリエキスは熱帯-亜熱帯地域の浅瀬に生育する紅藻の一種で、ツヤと潤いを与える効果を持ちます。
トコフェロールはビタミンE。抗酸化作用、酸化防止剤として配合。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。

    メディシス エクストラ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.4

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/280ml
  • 価格/1944円
  • 1mlあたり/6.94円

メディシス エクストラ シャンプー の宣伝文,商品説明:

アミノ酸が内側と外側からケア
エレガンスリッチなフローラルの香り

[PR]
メディシス エクストラ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム