シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
megami no wakka シャンプー
(RBP
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

megami no wakka シャンプー

RBP


megami no wakka シャンプー のオススメレベル

megami no wakka シャンプー の解析結果

適度に高い洗浄力と、コスパが魅力か


いわゆる、アミノ酸系でありながらコストパフォーマンスが良い、というのが特徴であろう一品。

悪くはないが、肝心の洗浄剤選びがやや肌に負担を強いるものに。


ラウロイルサルコシンTEAやココイルグリシンKといったあたりは刺激性やアルカリ性を好む特徴から、肌に優しいとは言えないチョイスとなります。
洗浄力は高めで、ラウレス硫酸ナトリウム系ほどではないにしろ、理想よりずっと高い印象です。

オレンジ油が脱脂力を加算している点も見逃すわけにいきません。


[PR]

megami no wakka シャンプー の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンTEA、BG、グリセリン、オレンジ油、リモネン、アルガニアスピノザ核油、エーデルワイスエキス、セイヨウニワトコ花エキス、ココイルグリシンNa、ヤシ油酸脂肪PEG-グリセリル、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、エチドロン酸、エチドロン酸4Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウラミドDEA(ラウラミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウロイルサルコシンTEAは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
リモネンはオレンジ、レモンなど柑橘系に多く含まれる精油成分。甘酸っぱい爽やかな香りが特徴。血流促進、リラックス効果を与えます。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
エーデルワイスエキスは抗酸化、抗老化作用。
セイヨウニワトコ花エキスは抗炎症、抗酸化、細胞活性化作用。

    megami no wakka シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 素材の品質:2.8
  • 安全性:2.7
  • 髪質改善効果:2.3
  • 頭皮環境改善 2.7
  • 費用対効果:3.1

  • 容量/500ml
  • 価格/1800円
  • 1mlあたり/3.6円

megami no wakka シャンプー の宣伝文,商品説明:

イオン水で浮かせて、リモネンで分解し、アミノ酸&ベタインで洗浄という「トリプル洗浄」。
髪の毛、頭皮、毛穴までやさしく徹底的に洗浄。
フルボ酸やシルクアミノ酸により多元素ミネラルとプロテインを補給し、ココナッツオイルを中心にオイルをふんだんに使用。
トリートメントもノンシリコンなのに、たった1回でも驚きのサラサラ&ふわふわ感。
サロンも驚くコストパフォーマンス。

[PR]
megami no wakka シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム