シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
メンズソフティモ リンスインSトニックシャンプー
(コーセー
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

メンズソフティモ リンスインSトニックシャンプー

コーセー


メンズソフティモ リンスインSトニックシャンプー のオススメレベル

メンズソフティモ リンスインSトニックシャンプー の解析結果

粗悪な作り。オススメしません。


洗浄剤はラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naで、洗浄力が必要以上に強すぎ。
PG、メントールは刺激性があり、肌の弱い人はなおさらダメ。
この安っぽい洗浄剤とメントールくらいしか入ってない驚くほど安上がりに作られた一品ですので、
いかなる人にも向いてない粗悪なシャンプーの1つと数えて差し支えありません。
この体たらくで、よくもリンスインを名乗れるものだと感心してしまいます。

男子の皆様には、爽快感を得られそうに思っても肌や髪を気遣うのなら使うべきでない製品、とお伝えさせて頂きます。


[PR]

メンズソフティモ リンスインSトニックシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、PG、コカミドDEA、EDTA-2Na、カンフル、クエン酸、ココアンホジ酢酸2Na、ポリクオタニウム-10、メントール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
カンフルは皮膚に塗ると清涼感が広がり、後に血行促進作用により温感効果を与えます。
ココアンホジ酢酸2Na
は2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。

    メンズソフティモ リンスインSトニックシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/550ml
  • 価格/864円
  • 1mlあたり/1.57円

メンズソフティモ リンスインSトニックシャンプー の宣伝文,商品説明:

ガツンと衝撃的な爽快感で、
毛穴につまった皮脂・汚れ・スタイリング剤
やフケなどをしっかり落とし、
さらさら髪に仕上げます。

[PR]
メンズソフティモ リンスインSトニックシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム