シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
メリット リンスのいらないシャンプー
(花王
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

メリット リンスのいらないシャンプー

花王


メリット リンスのいらないシャンプー のオススメレベル

メリット リンスのいらないシャンプー の解析結果

安っぽいというより、安いシャンプーの典型のような一品。


ラウレス硫酸Naに石鹸配合というシャンプーにあるまじき設計
というのも、ラウレス硫酸Naも石鹸も髪には高洗浄・アルカリ性というデメリットが負担大であり、
特に石鹸と髪の相性は全くと言っていいほどダメ(石鹸で髪を洗ったことのある方ならすぐに分かると思いますが。。)。
このような、一見不可解な処方のメリットといえば、作る側にとって見れば極めて安価に作れるということでしょう。
間違いなく、質の少し良いものに比べても10分の1程度でできてしまうような安価な洗浄剤と言えます。

この低質な洗浄剤をカバーするための添加剤も、これまた質がさほど良くなく、結果に違いを見せられるほどではありません。
全体を通して何もクオリティを見せられていない、やすいシャンプーの代表のような設計で残念な限りです。


[PR]

メリット リンスのいらないシャンプー の全成分:

グリチルリチン酸ジカリウム、水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液、ラウレス硫酸Na、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、エタノール、POEステアリルエーテル、ジステアリン酸グリコール、グリセリンモノイソデシルエーテル、PPG、ユーカリエキス、カモミラエキス-1、DL-リンゴ酸、POE(3)ラウリルエーテル、POE(4)ラウリルエーテル、高重合ジメチコン-1、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、ヤシ油脂肪酸エタノールアミド、ラウリン酸、POE(25)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、BG、水酸化カリウム液(A)、水酸化ナトリウム液、安息香酸塩、リン酸、エデト酸塩、パラベン、青1、黄4、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Na、アンモニウムは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウリルヒドロキシスルタインは粘膜刺激性が低く、優れた増泡性、泡安定性を与える両性界面活性剤。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ユーカリ油はティートゥリーオイルをシャープにしたような香りで、ローズマリーにも似た香調。抗菌性、消臭・集中力アップ、眠気覚まし効果などを付与します。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ヒドロキシプロピルメチルセルロースは水溶性フィルムコーティング剤で、安定性に優れ、非イオン性という特徴を持ち、接着・密着(バインダー)性に優れます。
ポリクオタニウム-22はカラー剤を均一に染める効果や、コンディショニング効果を付与。
ラウリン酸+水酸化Kで石鹸。

    メリット リンスのいらないシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/200ml
  • 価格/410円
  • 1mlあたり/2.05円

メリット リンスのいらないシャンプー の宣伝文,商品説明:

●髪と地肌と同じ弱酸性
●地肌にうるおいをあたえ、角層を整えます。(ユーカリエキス・カモミラエキス・フルーツ酸配合)
●フケやかゆみを防ぎます。
●ナチュラルフローラルのやさしい香り

[PR]
メリット リンスのいらないシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム