シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ルフェイルシャンプー
(メロスコスメティックス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ルフェイルシャンプー

メロスコスメティックス


ルフェイルシャンプー のオススメレベル

ルフェイルシャンプー の解析結果

強洗浄性のシャンプー。ただそれだけ。


大容量のサロン向けシャンプーであり、
本当に洗うことのみに収れんした様なシンプルなシャンプーです。

だからといってクオリティが高いということもなく、単にさっくり洗うための一品であるといえるでしょう。


[PR]

ルフェイルシャンプー の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、コカミドDEA、ココアンホ酢酸Na、セテアレス-60ミリスチルグリコール、コカミドプロピルベタイン、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、塩化Na、ポリクオタニウム-10、クエン酸、安息香酸Na、イソプロパノール、香料、メチルパラベン、プロピルパラベン、エチドロン酸、加水分解ダイズタンパク、BG

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naは高い洗浄力と豊富な泡立ち、生分解性が良い点が特徴のやや刺激性の低い洗浄剤。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
セテアレス-60ミリスチルグリコールは増粘性と泡安定性の付与。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na(アンホレックスCAS)は非常に高い脱脂力を持ちながら、比較的マイルドに調整され刺激を抑えた洗浄剤。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。

    ルフェイルシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/5000ml
  • 価格/8400円
  • 1mlあたり/1.68円

ルフェイルシャンプー の宣伝文,商品説明:

お肌や目に対して刺激が少なく、生分解性が高い洗浄剤を使用。
髪を傷めることなく、サッパリと洗い上げます。

カチオンセルロース
キューティクル表面に被膜を作り、ホコリや摩擦などから髪を守り同時にしなやかさを与えます。
大豆プロティン
髪にタンパク質と潤いを与えます。

環境問題、ゴミ軽減のために、折りたたんで捨てられる容器が使用されています。

[PR]
ルフェイルシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム