シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ミノン ベビー全身シャンプー
(第一三共
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ミノン ベビー全身シャンプー

第一三共


ミノン ベビー全身シャンプー のオススメレベル

ミノン ベビー全身シャンプー の解析結果

衝撃的な成分数。たったの6つ。


これ以上ないようなシンプルな全成分。
それでいて、アミノ酸型であるという点が注目です。


ココイルグルタミン酸K自体はしっとりタイプで洗浄性もマイルド。ただ、水酸化KでpHを調整し、実際には脱脂力はまずまずあるといえるでしょう。

洗浄性のバランスは良いにしても、この製品で問題になりそうのは'粘度'。
グルタミン酸系の弱点である泡立ちの悪さ、水っぽさをカバーする成分がありません。
使用感の部分で、やや難ありとなるでしょう。


[PR]

ミノン ベビー全身シャンプー の全成分:

水、ココイルグルタミン酸K、BG、水酸化K、メチルパラベン、安息香酸Na

主な成分の解説をみる ココイルグルタミン酸Kはグルタミン酸とヤシ油脂肪酸による洗浄剤。皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。
安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

    ミノン ベビー全身シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/350ml
  • 価格/972円
  • 1mlあたり/2.78円

ミノン ベビー全身シャンプー の宣伝文,商品説明:

洗浄成分は100%植物性アミノ酸系洗浄成分。無香料・低刺激。
赤ちゃんの素肌と同じ弱酸性。泡で出てくるタイプなので片手で洗う時にも便利です。
まだバリア機能が未完成な赤ちゃんの肌を守りながら汚れを落とす保湿洗浄料です。

[PR]
ミノン ベビー全身シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム