シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ガーデン ナチュレ シャンプー
(マーガレット・ジョセフィン・ジャパン

) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ガーデン ナチュレ シャンプー

マーガレット・ジョセフィン・ジャパン


ガーデン ナチュレ シャンプー のオススメレベル

ガーデン ナチュレ シャンプー の解析結果

マーガレットジョセフィンらしからぬ高洗浄で安物感漂う一品。


廉価版を販売しようとしたのでしょうが、これはいけません。

ベースにラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naと、強洗浄力の2トップを配置。
ポリクオタニウム-7で泡質を細かく、コンキオリン、リピジュアでツヤ、保湿作用を付与。
コラーゲン、グルタミン酸TEA、褐藻エキスなどで保湿・エモリエント効果を付与。


全体としては、
安価で大容量という趣旨で作ったと思われるシャンプーではありますが、品質があまりにも劣化してしまい、
これでは肌や髪を傷めるばかりで市販の駄作と変わらないクオリティ。
使うべきではないシャンプーの1つと言っても良いでしょう。


[PR]

ガーデン ナチュレ シャンプー の全成分:

水・ラウレス硫酸Na・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドDEA・ラウリルベタイン・塩化Na・BG・ココイルグルタミン酸TEA・加水分解コラーゲン・ホウセンカエキス・紅藻エキス・褐藻エキス・緑藻エキス・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-7・ヒアルロン酸Na・クエン酸・アスコルビン酸・ポリクオタニウム-51・加水分解コンキオリン・EDTA-2Na・安息香酸Na・フェノキシエタノール・ペンチレングリコール・香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
ホウセンカエキスは抗酸化作用、美白作用を付与。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
ポリクオタニウム-7は、増粘作用、しっとり感、乾燥後の指通りの改善効果を付与。ポリクオタニウム-10との併用で相乗効果。
アスコルビン酸(ビタミンC)が単体で配合されていますが、これでは肌に塗る前に酸化・分解して美白も抗酸化作用もほとんど期待できません。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

    ガーデン ナチュレ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.6

  • 素材の品質:2
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/800ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/2.7円

ガーデン ナチュレ シャンプー の宣伝文,商品説明:

香りと質感が大人気
アミノ酸系シリコンフリー、パラベンフリーのシャンプー

[PR]
ガーデン ナチュレ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム