シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
モチモチハーブシャンプーボリューム
(アニマルデザイン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

モチモチハーブシャンプーボリューム

アニマルデザイン


モチモチハーブシャンプーボリューム のオススメレベル

モチモチハーブシャンプーボリューム の解析結果

すっきり洗浄と頭皮ケア系シャンプー。


ややしっかりと強めに洗浄タイプであり、さらに育毛・染毛を狙ったような添加成分も。

男性型脱毛症予防のカプリロイルグリシン、防臭のカキタンニン、育毛のカンゾウ、ツボクサ、ウイキョウといったエキスを添加して、
まずまずスキャルプシャンプーとしては及第点といえるレベルです。
ただし、決定力はあまりありません。それに、コストパフォーマンスは良くない。
決定力というのは、もし育毛目的で明確に期待して使うには力不足であろう、ということ。

[PR]

モチモチハーブシャンプーボリューム の全成分:

水、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ラウラミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、グリセリン、ラウロイルメチルイセチオン酸Na、DPG、ココイルメチルタウリンNa、ポリクオタ二ウム-10、ココアンホ酢酸Na、シベリアモミ油、アルギニン、カプリロイルグリシン、セイヨウハッカ油、カミツレ油、カキタンニン、ツボクサエキス、ゴヨウマツ種子油、イタドリ根エキス、オウゴンエキス、センブリエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ウイキョウエキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ログウッドエキス、エタノール、BG、フィチン酸、グリコール酸、乳酸Na、乳酸、エチドロン酸4Na、酸化銀

主な成分の解説をみるスルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naは生分解性に優れる高洗浄成分。洗浄力は高いが、刺激性はやや少なく、起泡力はしっかりとあります。

ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウロイルメチルイセチオン酸Naは両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を持つ。
ツボクサエキスはメラニン産生抑制、コラーゲン産生促進、毛乳頭細胞増殖作用。
イタドリ根エキスは有機酸、糖、タンニンを含み、収れん、保湿効果を付与。
オウゴンエキスは抗酸化作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗菌作用を持ちます。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
ログウッドエキスは中米のマメ科常緑低木由来の色素で、黒色の染料として用いられます。
フィチン酸は米ぬか由来のキレート(金属封鎖)効果、pH調整、収れん、抗シワ、保湿作用を付与。
ウイキョウ果実エキスは血行促進作用、保湿作用。
カプリロイルグリシンはグリシンバイオベクターとして抗菌性を与え、防腐剤の使用量の軽減が可能。5-αリダクターゼ阻害効果があり、脂漏性皮膚炎の有効なケア成分である。

    モチモチハーブシャンプーボリューム の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.9

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/300ml
  • 価格/4104円
  • 1mlあたり/13.68円

モチモチハーブシャンプーボリューム の宣伝文,商品説明:

頭皮へのストレス、アレルギーリスクを極限まで軽減。
『頭皮に特化した』今までにない、究極のノンシリコンシャンプー。

[PR]
モチモチハーブシャンプーボリューム 2017 (c)シャンプー解析ドットコム