シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
モウガL モルティ スカルプシャンプー美容液in
(バスクリン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

モウガL モルティ スカルプシャンプー美容液in

バスクリン


モウガL モルティ スカルプシャンプー美容液in のオススメレベル

モウガL モルティ スカルプシャンプー美容液in の解析結果

ちょっと特殊なタイプです。


ココイルグリシンKという、アルカリ性で機能する石鹸のような洗浄剤をベースに設定。
さらに、ハトムギ種子、カンゾウ葉エキスなどの代謝促進作用を付与している点が特徴です。


ペリセアも配合し、全体としては低刺激寄りに作られているものの、
アルカリ性寄りであるという点で石鹸同様のデメリットが髪や肌に負担。

アミノ酸系シャンプーとはいえ、ココイルグリシンKという特殊な洗浄剤を用いていることがまるで石鹸のようにつっぱる仕上がりに

美容液系エキス配合とはいっても、洗浄剤がいまいち。


[PR]

モウガL モルティ スカルプシャンプー美容液in の全成分:

水、ココイルグリシンK、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、DPG、ラウロイルメチルアラニンNa、PPG-2コカミド、エタノール、シャクヤク根エキス、カンゾウ葉エキス、テンニンカ果実エキス、加水分解ハトムギ種子、アンズ核油、サボンソウ葉エキス、カンゾウ根エキス、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ油、PPG-9ジグリセリル、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-10、BG、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ジステアリン酸グリコール、クエン酸、サリチル酸、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
シャクヤク根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。
ハトムギ種子エキスは保湿、肌荒れ改善、メラニン生成を抑制、表皮細胞増殖促進作用。
アンズ核油はオレイン酸、リノール酸を多く含むエモリエントな感触のオイル。
サボンソウエキスはヨーロッパ原産なでしこ科サボンソウの根、葉から抽出されるエキスで、発泡性があり、汚れを落とす作用があるサポニンを含む。
ダマスクバラ花油はブルガリアの稀少なバラ精油で、リラックス、女性ホルモン様作用、脳の活性化、消化器の活性化、更年期障害の軽減、汗、加齢臭を軽減、異性を惹きつける効果。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。

    モウガL モルティ スカルプシャンプー美容液in の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 素材の品質:2.4
  • 安全性:2.3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.7
  • 費用対効果:2.2

  • 容量/240ml
  • 価格/1058円
  • 1mlあたり/4.41円

モウガL モルティ スカルプシャンプー美容液in の宣伝文,商品説明:

ペタンとなりがちな髪を根元からふっくら仕上げるシャンプー スカルプケアです。洗うたび和漢美容液を髪に補給。ハリ・コシを与えて髪の根元からボリュームアップへ導きます。さらに、アミノ酸系洗浄成分配合。豊かな泡立ちで頭皮と髪をやさしく洗い上げ、根元まですっきり。コンディショナーなしでもゴワつきにくい髪へ仕上げます。天然エッセンシャルオイルの華やかな香り。無添加(合成香料、着色料、鉱物油、シリコン、パラベン)。

[PR]
モウガL モルティ スカルプシャンプー美容液in 2017 (c)シャンプー解析ドットコム