シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー (リッチ&フローラル)(mogans(モーガンズ)
) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

モーガンズ ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー (リッチ&フローラル)

mogans(モーガンズ)


モーガンズ ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー (リッチ&フローラル)の格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: ◯
さらさら感: △
ダメージ補修力: △
健康毛適性: △
敏感肌適性: ◯
さっぱり感: ◯
コシを出す感: X
まとまり: △
1mlあたり9.1 円
300 ml/2730 円

モーガンズ ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー (リッチ&フローラル)の解析結果

狙いを肌の弱い方に定めた設計の一品です。


マイルドながら使い応えのあるしっかりした作りと、添加成分が肌のとにかく優しくバリヤを強化する注目の一品。


成分を見ていくと、
デシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。

ベースの洗浄剤に関しては基本的に洗浄力が高く、多少刺激性は抑制されているマイルド系さっぱりという風合いです。

その他の成分をピックアップすると、
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
月見草油はアカバナ科メマツヨイグサ属の種子から搾油され、γ-リノレン酸を豊富に含み、抗アレルギー、抗アトピー効果を付与。
ヒマワリ種子油物はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
ブドウ種子油は軽いタッチが特徴のオイルでリノール酸、トコフェロールを多く含み、抗酸化作用を特徴とします。
ハイビスカス花エキスはシアニジンの配糖体を含むエキスで、抗炎症、皮膚細胞の活性化を付与。さらに、ピルビン酸による整肌作用でヨクイニンのような効果
キハダ樹皮エキスはアルカロイド、ステロイドといった成分を含むエキスで、抗炎症・収れん、抗菌作用を付与。収れん作用を中心に、肌荒れ防止効果を与えます。
その他、精油を多く配合し、香りも特徴となっているようです。


全体としての特性として、アレルギー持ちの方にやさしい一品と見ることができるようです。
肌の抗アレルギーに関する成分の補給を重視していて、さっぱりながらマイルドな作りの洗浄剤も理にかなったものです。
抜群に良いとはいえませんが、肌の弱い方には安心して使えるという点でニーズのある製品です。
肌に強い刺激を与えるような成分を含まず、必須脂肪酸の補給やセラミドの誘導など、まさに抗アレルギー効果を考えれば使える一品といえます。

ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー (リッチ&フローラル)の宣伝文,商品説明:

スタイリングしやすい、ふわっとハリのある髪へと洗い上げるシャンプー。
19種類のアミノ酸成分と5種のエモリエントオイルを配合し、
なめらかな泡立ちでドライヤーやパーマ、ヘアカラーなどで痛んだ髪と地肌を包みこみ、
正常な状態へ導きます。

ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー (リッチ&フローラル)の全成分:

水、デシルグルコシド、グリセリン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ハチミツ、パンテノール、オリーブ油、月見草油、ツバキ油、ヒマワリ種子油、ブドウ種子油、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、プロリン、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、ハイビスカス花エキス、ラベンダー花エキス、イランイラン油、パチョリ油、グレープフルーツ果皮油、ゼラニウム油、ビャクダン油、カラメル、キハダ樹皮エキス、クエン酸、BG、EDTA-2Na、エチドロン酸4Na、ポリクオタニウム-10、塩化Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料