シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
モンゴ流 シャンプーEX
(アルファウェイ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

モンゴ流 シャンプーEX

アルファウェイ


モンゴ流 シャンプーEX のオススメレベル

モンゴ流 シャンプーEX の解析結果

強気な値付けと粗さが見られる設計。


配合成分の質に関しては、それなりの優れた素材も見受けられます。
ただし、これほど種類が多く投入されていると、1つ1つの素材の濃度が極端に低くなるため、
一般的に良い素材が入っていても有効濃度に達していない、要は、効かないシャンプーになりやすい傾向にあります。

成分1つ1つの効能を見ていくと、アンチエイジング的な機能や育毛系の効果を期待したくなるのですが、洗って流すシャンプーであることや、配合濃度の関係で有効性を期待するには物足りない印象。


洗浄性に関しては中の下レベルの洗浄力にオレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルリンゴアミノ酸Naなどで泡立ちを強化、という構成を組み、良く言えばバランスをとった作り
ただ、洗浄力は控えめな割にさほど上質な印象とまでいかない、ざっくりした使用感という面も。

とはいえ、全体のクオリティ、素材のチョイスはまずまず良く、お金がかかるだけの説得力を感じる部分もいくつか見られる点は◯。
約5000円かかるシャンプー、であるなら、もう一段上質になってもいいのかな、という設計に粗さを感じる点は改善の余地ありという印象です。

[PR]

モンゴ流 シャンプーEX の全成分:

水、コカミドMEA、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルメチルアラニンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、グリセリン、ココイルグルタミン酸TEA、ポリクオタニウム-10、ミリストイルグルタミン酸Na、ココイルリンゴアミノ酸Na、コカミドプロピルベタイン、ポリグルタミン酸、ココイルアルギニンエチルPCA、加水分解ケラチン、グリチルリチン酸2K、イラクサ根エキス、イラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ウミクロウメモドキ油、シスタンケツプロサ茎エキス、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス、ソウハクヒエキス、グアバ葉エキス、ゲンチアナ根エキス、カキタンニン、アロエベラ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ユーカリ葉エキス、センブリエキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、チャエキス、ホップ花エキス、サンショウ果皮エキス、フユボダイジュ花エキス、ホホバ種子油、オタネニンジン根エキス、アルテア根エキス、ヒバマタエキス、ビワ葉エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、ショウガ根茎エキス、スギナエキス、エゾウコギ根エキス、セージ葉エキス、香料、グルタミン酸、カルボキシメチルキトサンサクシナミド、1.2-ヘキサンジオール、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、グルコース、ソルビトール、PEG-2カプリリルアミン、水添レシチン、銅クロロフィリンNa、ジステアリン酸グリコール、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、グリシン、硫酸亜鉛、コハク酸2Na、メタリン酸Na、メントール、フェノキシエタノール、エタノール

主な成分の解説をみるラウリン酸ポリグリセリル-10はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ミリストイルグルタミン酸Kは泡立ちが豊富で泡の持ちを改良するためなどに使われる洗浄剤の一種。使用感が良く、また泡切れも良いので補助的に配合される場合が多いタイプです。
ココイルリンゴアミノ酸Naはりんご果汁から抽出したアミノ酸の洗浄剤。濃密で優れた起泡性が特徴で、洗浄力はさほど高くありません。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。
イラクサ葉エキスはアセチルコリン、ビタミン、カロチノイド、アミノ酸を含む。
収れん作用、整肌作用を付与。
ユッカエキスはリュウゼツラン科ユッカシゲデラを原料としたエキスで、サポニンを多く含み消臭・清浄作用などを付与。
ウミクロウメモドキ油は必須脂肪酸各種含有する沙棘の実から抽出。
抗酸化、皮膚代謝促進作用を付与。
シスタンケツブロサ茎エキスは美白効果を期待されるカンカと呼ばれるエキス。
プテロカルプスマルスピウム樹皮エキスは頭皮の抗老化、抗糖化による抜け毛防止効果。
ソウハクヒエキスは抗炎症・美白・ニキビ抑制、紫外線防止効果。
ゲンチアナ根茎/根エキスは血流促進、抗炎症、収れん作用、清浄、創傷治癒効果。
サンショウ果皮エキスはα-、β-サンショオールなどの辛味成分がテストステロン5αリダクターゼを阻害し、育毛効果が認められる。
ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。
ショウガ根茎エキスはショウキョウと呼ばれ、エラスチン保護、血流改善による肌のハリを保つ効果。
セイヨウハッカ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、皮脂の抑制、収斂、血行促進効果。
カルボキシメチルキトサンサクシナミドはカニ・エビの甲殻類に含まれるキトサンの誘導体。ヒアルロン酸以上の保湿力と抗菌・毛髪ダメージへの吸着・皮膜形成作用を持つ人工皮膚素材。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(エルデュウ PS-203)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。ナノ化セラミドとも呼ばれ、保湿・浸透性が優れます。

    モンゴ流 シャンプーEX の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.3

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3.8
  • 髪質改善効果:3.6
  • 頭皮環境改善 3.8
  • 費用対効果:2.4

  • 容量/400ml
  • 価格/4980円
  • 1mlあたり/12.45円

モンゴ流 シャンプーEX の宣伝文,商品説明:

シャンプーだけで地肌のトラブルや髪のダメージに多角的に働きかけ、健やかな地肌と、スタイリングのしやすい髪に導きます。モンゴロイド3大伝承成分を初めとした、30種類の天然植物成分を配合。リニューアルによりさらにコンディショナー要らずの洗い上がりになりました。【特長】・シャンプーだけで地肌のトラブルや髪のダメージに多角的に働きかけ、 健やかな地肌と、スタイリングのしやすい髪に導きます。・ノンシリコン処方。・下に生えている短くて柔らかい髪を立ち上がらせ、 長い髪を持ち上げる機能により見違えるほどのハリ・コシ・ボリュームを与えます。・肌質を選ばないオールスキン対応。・弱酸性、ノンパラベン、ノンシリコン。・天然ハーブの香りにより不快臭、フケ・かゆみを抑えやすくなります。・爽やかなフレッシュライムの香り。

[PR]
モンゴ流 シャンプーEX 2017 (c)シャンプー解析ドットコム