シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
モリノリンゴ シャンプー(有限会社 リンゴミュージック) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

モリノリンゴ シャンプー

有限会社 リンゴミュージック

モリノリンゴ シャンプー

モリノリンゴ シャンプーの格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
☆☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:〇
ダメージ補修力:△
健康毛適性:〇
敏感肌適性:〇
さっぱり感:△
コシを出す感:X
まとまり:X
1mlあたり6 円
280 ml/1680 円

モリノリンゴ シャンプーの解析結果

天然成分系マイルドシャンプーの構成です。


低刺激な洗浄剤、天然成分による防腐、整肌作用など、全体をとおしてマイルド傾向にある設計がなされています。
非常に低刺激でベビーシャンプー並のレベルに設定されていますので、サッパリ感、しっとり感をより求める場合は物足りない可能性も。

成分を見ていくと、
リンゴ果実エキスは糖類とミネラル類を多く含み、収斂作用、保湿作用を与えます。
デシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
ココイルグルタミン酸Naは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
コカミドメチルMEAは花王が開発した非イオン界面活性剤ですが、DEAと比較しても泡立ちの即効性、持続性、泡量ともに優良な効果を示す増粘剤。
ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。

申し分ないほどの低刺激性。
肌が弱く、あまり普通のシャンプーが肌に合わない方だ、という場合はこのシャンプーに適している可能性が高いでしょう。
一般的なマイルド系シャンプーよりも優しく感じられるほどで、マイルドであること以外に何も求めないほど徹底している様子です。
とにかく刺激が弱くて、かつ泡立ちはある程度ほしい、という方にあっているでしょう。

モリノリンゴ シャンプーの全成分:

水、リンゴ果実水、デシルグルコシド、ココイルグルタミン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、グリセリン、ベタイン、ココアンホ酢酸Na、コカミドメチルMEA、コカミドDEA、BG、ポリクオタニウム-10、ヒノキチオール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸ジカリウム、褐藻エキス、ステアリン酸亜鉛、クエン酸

モリノリンゴ シャンプーの宣伝文,商品説明:

髪と地肌をおだやかに包み込み、しなやかな髪へ

すこやかな髪と地肌のための
ノンシリコン・無添加 シャンプー

☆無香料・無着色・ノンアルコール・ノンパラベン・旧表示指定成分無添加・天然植物成分配合
☆リンゴ蒸留水を贅沢に配合