シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ムコタ A/32 シャンプー (シルクオリーブシャイニング)(中川美容研究所) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ムコタ A/32 シャンプー (シルクオリーブシャイニング)

中川美容研究所


ムコタ A/32 シャンプー (シルクオリーブシャイニング)の格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
☆☆☆☆
しっとり感:〇
さらさら感:△
ダメージ補修力:△
健康毛適性:〇
敏感肌適性:〇
さっぱり感:X
コシを出す感:X
まとまり:〇
1mlあたり12 円
250 ml/3024 円
[Ad]


ムコタ A/32 シャンプー (シルクオリーブシャイニング)の解析結果

コクのあるしっとりした洗浄性と、コンディショニング効果や泡立ちも確保した上質な使用感の一品。


おおよそ市販のシャンプーではお目にかからないようなクオリティーの感触を体験できるでしょう。

その洗浄剤以外はさほど見所はありませんが、洗浄剤こそが特徴であり、このシャンプーを物語っていると言って良いでしょう。

ある程度洗えて、高いコンディショニング作用としっとり感を感じながら、実に低刺激であるという面白い構成です。
色々なシャンプーを見てきた中でも興味をそそられるようなユニークな一本といえます。

よりさっぱりと洗い上げたい方には不向きですが、コンディショニング効果重視であれば試すに値する商品です。

シルクでオリーブなユニークタッチを楽しんでみるのも悪くないでしょう。


主な成分の解説

ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
オリーブアンホ酢酸Naは両性界面活性剤で、刺激緩和、粘度調整、コンディショニング作用などを付与。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウロイルシルクアミノ酸Naはシルク由来アミノ酸系洗浄剤です。マイルドで毛髪への吸着性が高く、髪を保護しながら洗うことができる特徴。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
ラウロイルイセチオン酸Naは起泡性が高く中程度の洗浄力で、肌に優しめな部類のマイルドな洗浄剤です。

ムコタ A/32 シャンプー (シルクオリーブシャイニング)の全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、オリーブアンホ酢酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ラウロイルシルクアミノ酸K、ココアンホ酢酸Na、アルガンアンホ酢酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、乳酸、乳酸Na、DPG、PPG-3カプリリルエーテル、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ポリクオタニウム-10、エチドロン酸、PCA、硝酸Mg、ポリクオタニウム-51、塩化Mg、安息香酸Na、PCA-Na、EDTA-2Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、ラウロイルメチルイセチオン酸Na、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、水酸化Na、フェノキシエタノール、酢酸、香料

ムコタ A/32 シャンプー (シルクオリーブシャイニング)の宣伝文,商品説明:

皮脂を取りすぎずマイルドに洗い上げ、ツヤのあるサラサラに洗い上げ、髪のベースを整えます。