シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ヘアソープ ミューナ
(MATONA(マトゥナ)
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ヘアソープ ミューナ

MATONA(マトゥナ)


ヘアソープ ミューナ のオススメレベル

ヘアソープ ミューナ の解析結果

強めなしっとり感のシンプル構成。

洗浄力はさておきシットリ感を優先した作り。

ポリクオタニウム-10で軽くコンディショニング効果としっとり感も。
頭皮ケアエキス類はお馴染みといったチョイスで、穏やかな頭皮コンディショニング効果。
とてもしっとりとした洗い心地のシャンプーとなっていて、
抗炎症系のエキスがマイルドさを特徴づけています。 健康な頭皮と同様の弱酸性で、適度な洗浄力ですが、
保湿の持続性は、そこまで期待出来る物ではないでしょう。
しっとりの感触ですが、保湿作用としてはさほどではなく。

[PR]

ヘアソープ ミューナ の全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドDEA、グリセリン、ポリクオタニウム-10、グリチルリチン酸2K、甘草エキス、加水分解シルク、ゴボウエキス、サボンソウエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、トウキンセンカエキス、ホップエキス、レモンエキス、BG、EDTA-2Na、塩化Na、酢酸Na、イソプロパノール、メチルパラベン、プロピロパラベン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ラウラミドDEA(ラウラミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
甘草エキスはグリチルリチンを含有する抗炎症エキスで、優れた消炎、刺激緩和作用を付与。また、グラブリジンによる美白作用も与えます。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。ゴボウ,サボンソウ,セイヨウオトギリソウ,セージ,トウキンセンカ,ホップ,レモンエキスは抗菌作用、リパーゼ活性阻害作用を付与。

    ヘアソープ ミューナ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3.5
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/200ml
  • 価格/2415円
  • 1mlあたり/12.08円

ヘアソープ ミューナ の宣伝文,商品説明:

頭皮・毛穴の汚れをしっかりと落とし、
保湿成分がシャンプー後のきしみも防ぎます。
傷んだ髪にも優しく浸透し、ダメージを修復して
健康な美しい髪へと導きます。
洗浄剤には石油系合成活性剤は一切使用しておらず、
ヤシ油を由来とした頭皮と髪にやさしいアミノ酸系洗浄剤を使用。
肌と同じ弱酸性で安全性も高く
低刺激でお肌の弱い方にも安心してお使い頂けます。

[PR]
ヘアソープ ミューナ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム