シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ナノアミノ シャンプーDR
(ニューウェイ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ナノアミノ シャンプーDR

ニューウェイ


ナノアミノ シャンプーDR のオススメレベル

ナノアミノ シャンプーDR の解析結果

髪の強度をアップさせるシャンプーです。


ヘマチン、ケラチンのコンビで弾力・強度を改善させる点は大いに評価できる製品です。
ただし、洗浄剤は魅力に欠けていて、ラウレス硫酸Naをはじめとした実に脱脂力の強い設定。
この点が残念です。


価格から判断しても、もうひと声クオリティが欲しいところであり、本気で髪の強度アップを実現させるならありえない洗浄剤選びだと言えます。


[PR]

ナノアミノ シャンプーDR の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEA、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ヘマチン、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)、ポリグルタミン酸、水添レシチン、ポリクオタニウム-7、エチドロン酸、グリセリン、1,2-ヘキサンジオール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウラミノプロピオン酸Na、ポリクオタニウム-10、エタノール、安息香酸Na、香料、フェノキシエタノール、クエン酸、クエン酸Na、炭酸水素Na、BG、トコフェロール、メチルパラベン、プロピルパラベン

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(エルデュウ PS-203)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。ナノ化セラミドとも呼ばれ、保湿・浸透性が優れます。
ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進などに寄与。
水添レシチンはDDS(ドラッグデリバリーシステム)に使われるカプセル化、ナノテク素材です。
ポリクオタニウム-7は、泡質を細かくし、濡れている状態の髪を柔らかくする効能を付与。
エチドロン酸はキレート(金属封鎖)剤の一種で、1-ヒドロキシエタン-1 1-ジホスホン酸という物質名の有機リン化合物。製品の品質保持剤、もしくは髪のコンディションアップで配合。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
1,2-ヘキサンジオールは保湿性があり、、抗菌性が極めて優れている防腐剤の多価アルコール。
ラウリン酸ポリグリセリル-10はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。

    ナノアミノ シャンプーDR の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/250ml
  • 価格/2268円
  • 1mlあたり/9.07円

ナノアミノ シャンプーDR の宣伝文,商品説明:

ダメージヘアをケアしながら、ハリコシ感とサラサラ感を同時に
実感

ナノ化したアミノ酸系エモリエント成分(CMC類似体)とヘマチン(毛髪保護成分)が、髪の内側まで浸透し、ダメージヘアを優しくいたわりながらケア。
ハリコシがあるのに、固くキシまず、サラッと指どおり良い洗い上がり。
髪1本1本にふんわりとした弾力感を与え、スタイリングのしやすい美髪へと導きます。


◇さらさら ◇再現力 ◇ハリ・コシ ◇カールキープ

[PR]
ナノアミノ シャンプーDR 2017 (c)シャンプー解析ドットコム