シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ナチュラル ハーブ シャンプー SW
(ジュン・コスメティック
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ナチュラル ハーブ シャンプー SW

ジュン・コスメティック


ナチュラル ハーブ シャンプー SW のオススメレベル

ナチュラル ハーブ シャンプー SW の解析結果

髪のハリを表現しようというシャンプーです


ダイズタンパク、PVP配合で弾力感を持たせる意図が感じられます。
ただし、PVPは湿気に弱く、弾力は一時的な演出に終わると見ていいでしょう。


洗浄剤はクリーミーな感触ながら、質は低い。
洗浄力が過剰に高いため、肌や髪表面の必要なバリア成分までしっかり除去。
肌荒れ、肌の乾燥を招くタイプで、充分なクオリティにあるとはいえない製品です。


[PR]

ナチュラル ハーブ シャンプー SW の全成分:

水、(C12、13)パレス-3硫酸Na、ココイルサルコシンNa、コカミドDEA、ココアンホ酢酸Na、PG、ラウロイルメチルアラニンNa、褐藻エキス、海塩、加水分解ダイズタンパク、ポリクオタニウム-10、クエン酸、PVP、フェノキシエタノール、ココイルアルギニンエチルPCA、BG、EDTA-2Na、プロピルパラベン、メチルパラベン、橙色205号、緑色201号、香料

主な成分の解説をみる(C12、13)パレス-3硫酸Naは耐硬水性、水への溶解性に優れたキメの細かいソフトな泡の洗浄剤。高い洗浄力、脱脂力が特徴。
ココイルサルコシンはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
加水分解ダイズタンパクはダメージ部に吸着し、保湿、補修効果を付与。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。
シャクヤク根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

    ナチュラル ハーブ シャンプー SW の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/1000ml
  • 価格/3780円
  • 1mlあたり/3.78円

ナチュラル ハーブ シャンプー SW の宣伝文,商品説明:

天然保湿成分・海藻エキスが傷んだ髪をやさしくいたわりながら洗いあげ、パサつきのないみずみずしい髪にします。
カラーヘアを保護し、色持ちをよくします。
ミネラルを豊富に含む海洋深層水が髪に豊かなうるおいを与えます。
弱酸性・無色素・フローラルハーブの香り

[PR]
ナチュラル ハーブ シャンプー SW 2017 (c)シャンプー解析ドットコム