シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ナチュール クレンジングシャンプー
(ジェルニック
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ナチュール クレンジングシャンプー

ジェルニック


ナチュール クレンジングシャンプー のオススメレベル

ナチュール クレンジングシャンプー の解析結果

まったりとした感触だが、泡もよくたつ。


ぱっと見はコンディショニング効果重視のエモリエントシャンプーかな、という印象ですが、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの配合も目立つことから、泡立ちも不足なく実現しようとしたアミノ酸系シャンプー、という形でしょう。


滑らかさやツヤ感を残し、スキンケア能力も多少期待できるオールマイティータイプです。
明らかに質が高い、とはいえませんが、そこそこのレベルではあり悪くない使用感であると見ていいでしょう。
厳しく言えば、中途半端とも言えてしまいますが・・。


[PR]

ナチュール クレンジングシャンプー の全成分:

水,ココイルグルタミン酸TEA,(C14-16)オレフィンスルホン酸Na,ラウラミドDEA,BG,ラウロイチルメチルアラニンNa,ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース,オリゴヒアルロン酸,スクワラン,グルカンオリゴサッカリド,トコフェロール,酵母エキス,ユズエキス,ハトムギ種子加水分解液,グリセリン,ソルビトール,ラベンダー油,ベルガモット果実油,ローマカミツレ油,PCA-Na,ベタイン,セリン,グリシン,グルタミン酸,アラニン,アルギニン,リシン,トレオニン,プロリン,クオタニウム-33,PPG-24グリセレス-24,ジメチコンコポリオール,ポリクオタニウム-10,ラウリルピリジニウムクロリド,エチドロン酸,イソプロパノール,クオタニウム-73,フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースはポチエチレングリコール・オレイン酸とメチルグルコースのジエステルでエモリエント感のある乳化・増粘剤です。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
ジメチコンコポリオールはポリエーテル変性シリコーンで、毛髪、皮膚により優れた滑り、保湿性を付与します。
ラウリルピリジニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、殺菌作用、消臭効果、コンディショニング効果を付与する性質を持つ。
クオタニウム-73はピオニンと呼ばれる光反応性成分。抗菌作用、皮膚の清浄作用、整肌作用を持つ。

    ナチュール クレンジングシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 素材の品質:3
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/350ml
  • 価格/3780円
  • 1mlあたり/10.8円

ナチュール クレンジングシャンプー の宣伝文,商品説明:

アミノ酸系洗浄成分がやさしく汚れだけをオフし、優れたコンディショニング成分が頭皮と髪に潤いを与えます。
洗いあがりは、しっとりとしてなめらか。

[PR]
ナチュール クレンジングシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム