シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ナチュレルSPシャンプー
(ナユタ化粧品
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ナチュレルSPシャンプー

ナユタ化粧品


ナチュレルSPシャンプー のオススメレベル

ナチュレルSPシャンプー の解析結果

中途半端にあれこれ手を出すからイマイチ。


方向性の定まらない典型なシャンプーです。
言い方を変えれば、バランスを取ろうとしているともいえますが、 そのアプローチがやや強引。


アミノ酸型洗浄剤をベースにすると思いきや、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naを加えて手っ取り早く泡立ち強化。
これが、アミノ酸型洗浄剤の良さを少なからず薄めている。
手っ取り早く、という意味では、ジメチコンコポリオール、ラウリルピリジニウムクロリドの配合もそう。
特に、ラウリルピリジニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤ですから、頭皮ケア系のシャンプーに入れるのはなじまない成分。
タンパク変性や刺激性の強さが問題になりそう。

その他細かい素材のチョイスも少し一段落としたクオリティといえるので、ザ・中途半端というに相応しいシャンプーです。値段も。


[PR]

ナチュレルSPシャンプー の全成分:

精製水・ココイルグルタミン酸TEA・オレフィンスルホン酸Na・ラウラミドDEA・ BG・ラウロイルメチルアラニンNa・ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース・クオタニウム-33・フェノキシエタノール・PP G-24グリセレス-24・ジメチコンコポリオール・ポリクオタニウム-10・ラウリルピリジニウムクロリド・エチドロン酸・イソプロパノール・天然ビタミンE・クオタニウム-73・アルニカエキス・オドリコソウエキス・オランダカラシエキス・ゴボウエキス・セイヨウキズタエキス・ニンニクエキス・マツエキス・ローズマリーエキス・ローマカミツレエキス

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
オレフィン(C16-18)スルホン酸ナトリウムはアルカリ洗浄助剤や金属封鎖剤を含むシャンプーにおいても最大の洗浄力を発揮。酸にも安定で、環境中で2日-10日程度で生分解するが、脱脂力が過多になりやすい。
ラウラミドDEA(ラウラミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースはポチエチレングリコール・オレイン酸とメチルグルコースのジエステルでエモリエント感のある乳化・増粘剤です。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ジメチコンコポリオール、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリルは、高い保湿性とサラサラ感を与える組み合わせ。
ラウリルピリジニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、殺菌作用、消臭効果、コンディショニング効果を付与する性質を持つ。
エチドロン酸はキレート(金属封鎖)剤の一種で、1-ヒドロキシエタン-1 1-ジホスホン酸という物質名の有機リン化合物。製品の品質保持剤、もしくは髪のコンディションアップで配合。
クオタニウム-73はピオニンと呼ばれる光反応性成分。抗菌作用、皮膚の清浄作用、整肌作用を持つ。
アルニカエキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。
オドリコソウエキスはシソ科でタンニン、フラボノイドを含有するエキス。
収れん作用、抗炎症作用、肌荒れ改善、皮脂の過剰な分泌を抑制し、育毛作用を期待されます。
オランダカラシエキスは脱毛防止、血行促進作用を付与。

    ナチュレルSPシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/400ml
  • 価格/3240円
  • 1mlあたり/8.1円

ナチュレルSPシャンプー の宣伝文,商品説明:

輝く髪のためには、地肌を清潔に保つことがポイント。
アミノ酸のシャンプーで頭皮の汚れをしっかり落としてあげましょう。
植物成分が、頭皮に潤いを与えるので、健やかな肌環境が持続します。

[PR]
ナチュレルSPシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム