シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ネオナチュラル 池田さんの竹炭エッセンシャルソープ(ネオナチュラル) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ネオナチュラル 池田さんの竹炭エッセンシャルソープ

ネオナチュラル

ネオナチュラル 池田さんの竹炭エッセンシャルソープ

ネオナチュラル 池田さんの竹炭エッセンシャルソープの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: △
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: △
まとまり: X
1mlあたり4.3 円
300 ml/1300 円

ネオナチュラル 池田さんの竹炭エッセンシャルソープの解析結果

石けんの材料に馬油、さらに炭を加えた変わり種ソープ。


石けんにしてはエモリエント感があり、しかしながら炭の効果ですっきりと清浄、さらに竹酢液が頭皮環境を強力に整える、何とも風変わりだが面白い一品。

成分を見ていくと、
馬油脂肪酸の石けんをベースに、
グラニュー糖、かぼす果汁、は多孔質の特徴を活かし、汚れ、皮脂を吸着して除去する効果、脱臭作用を与える無刺激成分。
竹酢液は竹から得られた原液を電解処理したもの。抗フケ、抗菌、毛細血管拡張による血行促進、免疫増強効果を付与。
ヒノキ油は非常に高い抗菌活性を持つヒノキチオール含有のオイルで、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。

総合すると、
面白いのですが、単に石けんであることを考慮すると面白がってもいられません。
アルカリ性である石けんシャンプーのデメリットは、髪のキューティクルを開いてしまう、肌のセラミドを溶出させ、セラミドの産生を7時間前後遅らせる懸念。
また、合成界面活性剤に比べて石けんは洗浄に多くの分量を必要とするため、これも環境に優しいとは言えない原因になっています。
馬油仕様であるので多少マイルドなタッチにはなっているでしょうが、基本性能がデメリットを伴うものですのでオススメとはいえません。
面白いですが。。

ネオナチュラル 池田さんの竹炭エッセンシャルソープの宣伝文,商品説明:

馬油油脂100%の石鹸素地に微粒子竹炭パウダー・蒸留竹酢液を配合したシャンプーです。
竹炭微粒子パウダーを含む真っ白な泡で地肌の毛穴の汚れもスッキリ。適度な洗浄力で髪を清潔に保ち、竹酢液、竹炭の力で地肌を健やかに保ちます。ボディーや洗顔など全身にご利用頂けます。
●合成界面活性剤/合成香料/合成防腐剤・発泡剤無添加
●竹炭の吸着力でサッパリ

ネオナチュラル 池田さんの竹炭エッセンシャルソープの全成分:

馬油石けん素地(カリ石鹸)、水、エタノール*、グラニュー糖、グリセリン、カボス果汁、竹炭、海塩、竹酢液、クエン酸、ヒノキ油 *植物由来の醸造エタノール