シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ニューリラックスハーブシャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ニューリラックスハーブシャンプー

純ケミファ

ニューリラックスハーブシャンプー シャンプー解析ドットコム

ニューリラックスハーブシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★★★
しっとり感:X
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
さっぱり感:〇
ハリコシ補修度:X
1mlあたり0.9円
(ニューリラックスハーブシャンプー)1000ml/933円

ニューリラックスハーブシャンプーの解析結果

1mlあたり1円を切る低コストな一品ですが、
中身は値段通りといった粗悪そのもの。

パレス-3硫酸Na、PG、ココイルサルコシンNaと、刺激と脱脂の3兄弟がベース。
この時点で肌の弱い人は真っ先に却下。

ココアンホ酢酸Naは両性界面活性剤で、パレス-3硫酸Naの刺激性をやや緩和し、粘度を調整。
サボンソウエキスは天然の界面活性剤で清浄作用。
そして、ステアラミドエチルジエチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、あまりに粗末な内容なので手触りだけでも良くしよう、という魂胆がここに滲み出ています。
当然、カチオン界面活性剤はタンパク変性をさせるので肌にはかなり刺激と肌荒れを招くでしょう。
ラウリル硫酸TEAのちょい足しも、もはや笑うしかありません。

ここまで言うと怒られそうですが、ゴミのような一品と一言で表現したくなります。

他と比べると、ということですね。

ニューリラックスハーブシャンプーの宣伝文,商品説明:

天然ハーブで洗うシャンプー

洗浄効果のある天然ハーブ(サボンソウ)エキスを配合し、髪をやさしく洗い上げます。
セージエキス、セイヨウキズタエキスが髪のうるおいを保ち、しなやかに整えます。
☆ラベンダーの精油は、古くからアロマセラピーに使われ、緊張を和らげ気持ちをリラックスさせる効果があると言われています。
1日の終わりにほっとリラックス。優雅なバスタイムを。
弱酸性・無色素・無香料
※香りは天然ラベンダーオイルの香りです。

ニューリラックスハーブシャンプーの全成分:

水、コカミドDEA、(C12,13)パレス-3硫酸Na、PG、ココイルサルコシンNa、ココアンホ酢酸Na、サボンソウエキス、セージエキス、セイヨウキズタエキス、クエン酸、塩化Na、ポリクオタニウム-10、ステアラミドエチルジエチルアミン、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ラベンダー油、フェノキシエタノール、PVP、BG、ラウリル硫酸TEA、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン