シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ノナティブ ヘアシャンプー(フェースコスメティック) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ノナティブ ヘアシャンプー

フェースコスメティック

ノナティブ ヘアシャンプー

ノナティブ ヘアシャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: 〇
さらさら感: △
ダメージ補修力: △
健康毛適性: 〇
敏感肌適性: 〇
さっぱり感: 〇
コシを出す感: △
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり 6円
500ml/ 3150円

ノナティブ ヘアシャンプーの解析結果

洗浄ベースはスルホコハク酸ラウレス2Naにココアンホプロピオン酸Na、オレフィン(C-14-16)スルホン酸Naを配合し、刺激は比較的低いですが洗浄力はかなりある方です。
ココイルリンゴアミノ酸Naは名前の通りリンゴアミノ酸系の洗浄剤で、優れた濃密な泡質が特徴。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチンで吸着性のあるハリコシ効果。
シロキクラゲ多糖体、ワサビノキ種子エキス、ヒマワリ種子エキスと保湿力の高い成分も配合され、しっとり感を実感出来るでしょう。
とくにワサビノキ種子エキス(モリンガ)はビタミンA作用で肌の代謝を改善する効果も。
エキス類の抗炎症・抗菌・血行促進・保湿作用なども付与。
ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミノプロピオン酸Na(アミノ系、両性界面活性剤)、PEG-7グリセリルココエート、デシルグルコシド(非イオン界面活性剤)の配合で泡質の向上、刺激性の低下といった効果を見せています。
リンゴタンニンの抗酸化作用もとりいれられていますね。

このように、リンゴの成分を前面に出して設計されたリンゴシャンプーで、
基本的な特性としてはリンゴ由来の保湿・泡立ちの上質さ、整肌作用を持つ一品といえそうです。
高い洗浄力ですが、刺激のカバーはしっかりされていて、肌の弱い方にも安心。
フレッシュな使用感と軽快な泡立ちで使いやすいシャンプーに仕上がっています。

ノナティブ ヘアシャンプーの宣伝文,商品説明:

ノナティブ ヘアシャンプーは豊かな泡立ちで髪をゆったりと包み込んで洗い、
ダメージを受けた髪に潤いとツヤをもたらします。
ノナティブ ヘアシャンプーは汚れを落としながらも余分な皮脂を洗い流さないなど、
毛髪と頭皮にやさしいシャンプーです。

ノナティブ ヘアシャンプーの全成分:

水、スルホコハク酸ラウレス2Na、ペンチレングリコール、ココアンホプロピオン酸Na、オレフィン(C-14-16)スルホン酸Na、ココイルリンゴアミノ酸Na、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン、シロキクラゲ多糖体、ワサビノキ種子エキス、ヒマワリ種子エキス、リンゴタンニン、PEG-7グリセリルココエート、ベタイン、デシルグルコシド、ポリクオタニウム-10、オクトキシグリセリン、クエン酸、エチドロン酸、オレンジ油、ココイルグルタミン酸TEA、リンゴ酸、アルギニン、グリセリン、ラウラミノプロピオン酸Na、ジステアリン酸PEG-150、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、BG