シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Noz ダメージケアシャンプー アクアローズ シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

Noz ダメージケアシャンプー アクアローズ

カリエ

Noz ダメージケアシャンプー アクアローズ シャンプー解析ドットコム

Noz ダメージケアシャンプー アクアローズの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
さっぱり感:〇
ハリコシ補修度:△
1mlあたり6円
(Noz ダメージケアシャンプー アクアローズ)300ml/1780円

Noz ダメージケアシャンプー アクアローズの解析結果

ダメージケアというより、シャンプー自体の高洗浄力をケアするための成分を配合した安っぽいシャンプー。

先頭はラウレス硫酸Na(ヤシ油由来)。
ラウレス硫酸Naはヤシ油と石油を由来している洗浄剤なので、どちらとも言えます。

このシャンプーのラウレス硫酸Naが特別という意味ではありません。
ただただ高洗浄力な成分であるのは他の安いシャンプーと同じです。

ベタイン、非イオン界面活性剤で幾分刺激緩和。

これより以下は高洗浄力をごまかすためのコンディショニング成分。
シアバター、ケラチン、コンキオリンと続き、保湿・ツヤ・紫外線防止など。

エキスは頭皮ケア用ですが、この洗浄力下では機能しないでしょう。

ポリクオタニウム-7が泡立ちを細かくしています。

パンテノール、コラーゲンと保湿作用、ユキノシタエキス以下は抗炎症作用などがありますが、

これも低濃度と高洗浄下で期待できません。

ポリクオタニウム−39が被膜感のある補修。
ジメチコンも同様です。

ダメージケアと呼ぶには大げさすぎる印象で、
いずれも高洗浄後に上っ面を一時的にタンパク質と油性成分が覆う程度で、

高機能でもなんでもありません。

全体的には、高洗浄力のシャンプーによる一掃後の頭皮や髪を、
優しく洗ったように誤魔化している製品といえます。

洗浄・トリートメント効果・頭皮ケア効果ともに二流以下で、
とてもこだわりのある人が作ったようには見えません。

一企画で発売された売れればラッキー的な立ち位置と考えていいでしょう。

あまりにラフな作りで、野沢氏は香粧品には興味があまりないのでしょう、と思うところです。

Noz ダメージケアシャンプー アクアローズの宣伝文,商品説明:

ヘアスタイリスト野沢道生が開発したサロン仕様のダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用シャンプーです。

ふっくらした泡が髪を痛めず毛髪の汚れだけを落とし、髪に潤いを与えダメージを補修。
なめらかな指通りのよい髪へと導きます。シアバター、加水分解ケラチンなどの毛髪保湿・保護成分配合。

Noz ダメージケアシャンプー アクアローズの全成分:

水、ラウレス硫酸Na (ヤシ油由来)、コカミドプロピルベタイン(ヤシ油由来)、コカミド、MEA(ヤシ油由来)、ジステアリン酸グリコール、シア脂、加水分解ケラチン、加水分解コンキオリン、マドンナリリー根エキス、オウゴンエキス、カッコンエキス、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、パンテノール、イソステアロイル加水分解コラーゲン、ユキノシタエキス、チャ葉エキス、ヨモギ葉エキス、ミリスチルアルコール、ポリクオタニウム-39、ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PEG-20ソソルビタンココエート、PEG-12ジメチコン、BG、クエン酸、塩化Na、EDTA-2Na、イソステアリン酸、安息香酸、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料