シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ヌーボマジコ アシットカラー フィックスシャンプー(三口産業) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ヌーボマジコ アシットカラー フィックスシャンプー

三口産業

ヌーボマジコ アシットカラー フィックスシャンプー

ヌーボマジコ アシットカラー フィックスシャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: X
さらさら感: △
ダメージ補修力: △
健康毛適性: △
敏感肌適性: △
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
まとまり: X
1mlあたり3.1 円
800 ml/2450 円

ヌーボマジコ アシットカラー フィックスシャンプーの解析結果

ヘアマニキュア専用のシャンプーということを踏まえて見ていくと、


ヘアマニキュアの特徴である"色移り、褪色のしやすさ"をどう抑えるかがテーマといえる一品なのですが、
まずpHを弱酸性4.5に設定している点は基本中の基本ですね。
そしてシリコーン系界面活性剤も必須の脇役の1つでしょう。これがコーティング役ですね。

成分を見ていくと、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウレス-4酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。

ベースの洗浄剤はマニキュア施術直後も考慮してか、ある程度洗浄力高めで設定。泡立ちもよく、余計な色残り分を除去してコーティング、という意図に見えます。
オレフィンスルホン酸Naの強い洗浄性を酸性石けん、両性界面活性剤でややマイルドに調整。

その他の成分をピックアップすると、
クエン酸はPh調節、褪色防止として配合。
加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
カチオン化デキストラン-2はショ糖を原料にしたグルコース多糖体で、非常に保水性が高く、増粘、結合、乳化安定、保湿剤として用いられます。
PEG-12ジメチコンはポリエーテル変性シリコーンで、アニオン界面活性剤の刺激を緩和し、皮膜形成により保湿効果を与えます。

まとめると、
ベストとはいえないものの、ヘアマニキュア毛に対して気遣いを感じることは出来る内容です。
もちろん、一般的なシャンプーに比べて色持ちを改善する効果は比較的あるといえます。
もっと良いものもたくさんあるので、オススメとまでは言えないものの、手元にあるなら戦力として扱っても差し支えない一品です。

ヌーボマジコ アシットカラー フィックスシャンプーの宣伝文,商品説明:

洗髪後のタオルや枕カバーへの色移りを防止するシャンプーです。
フルーツ酸(クエン酸)を配合し、弱酸性(PH4.5)に調整されたシャンプーが毛髪を等電点付近にすることで毛髪表皮部分の電荷を(+)にして(-)電荷の色素の吸着を維持します。

ヌーボマジコ アシットカラー フィックスシャンプーの全成分:

水・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・ラウレス-4酢酸Na・コカミドDEA・ココアンホ酢酸Na・クエン酸・PEG-3コカミド・加水分解コラーゲン・カチオン化デキストラン-2・ポリクオタニウム-10・PEG-12ジメチコン・EDTA-2Na・メチルパラベン・香料