シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
オリーブシャンプー(井上誠耕園) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

オリーブシャンプー

井上誠耕園

オリーブシャンプー

オリーブシャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:〇
さらさら感:X
ダメージ補修力:X
健康毛適性:△
敏感肌適性:△
さっぱり感:△
コシを出す感:X
まとまり:X
1mlあたり6.48 円
500 ml/3240 円

オリーブシャンプーの解析結果

オリーブオイル。ただし、石鹸。


いわゆるオリーブオイル石鹸という形になっています。
とはいえ、性質は石鹸そのまま。「アルカリ性」「髪ゴワゴワの仕上がり」はそのままです。

ただ、オリーブオイルはじんわりとエモリエントな感触が残るので感触としては滑らかになったような気がするだけです。
髪はアルカリ性が非常に苦手なので、実際問題キューティクルが浮いてしまい、しかもしっとり感が残るとキューティクル開きっぱなしという状態が続くおそれが強く、

ちょっとした摩擦にも非常に弱い状態をキープしてしまう、なんてことにも。

まとめ

少なくても、髪に使うのはお止めになったほうがよろしいかと。


主な成分の解説

グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ラウリン酸、水酸化Kで石鹸素地。

オリーブシャンプーの全成分:

水、グリセリン、オリーブ油、水酸化K、ラウリン酸、クエン酸K、トコフェロール

オリーブシャンプーの宣伝文,商品説明:

使い続けていくうちに「頭皮」からきれいに!髪本来に備わっている美しさを取り戻します。
オリーブオイルに含まれる天然成分が「リンス」の役割を果たすのでリンスの必要がありません。(※リンス in シャンプーではありません)