シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
大島椿頭皮のためのシャンプー
(大島椿
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

大島椿頭皮のためのシャンプー

大島椿


大島椿頭皮のためのシャンプー のオススメレベル

大島椿頭皮のためのシャンプー の解析結果

頭皮のためを思うなら、いかがなものか


というのも、このシャンプーは一見アミノ酸系の優しさっぱり系と思わせながら、中盤〜後半は石鹸タイプの洗浄剤がゴロゴロ。
アルカリ性であることを予見させますし、髪を洗うのに石鹸ではゴワゴワになることを覚悟しなければなりません。

ココイルメチルタウリンNaによる洗浄剤ベース。これ自体はマイルドですが、ツバキ脂肪酸K=石鹸、ココイルグリシンKは共にアルカリ性で機能する洗浄剤。
PEG-7グリセリルココエートは非イオン界面活性剤で、ある意味石鹸と相乗効果を生み出し、単純な石鹸よりはデメリットが低いものの、
やはり髪に使うタイプの製品とはいえない面が強いのです。


[PR]

大島椿頭皮のためのシャンプー の全成分:

水、ココイルメチルタウリンNa、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、ツバキ脂肪酸K、クエン酸Na、パーム核脂肪酸アミドDEA、ココイルグリシンK、PEG-7グリセリルココエート、ツバキ油、ジカブリル酸ピリドキシン、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-10、クエン酸、メチルパラベン、プロピルパラベン

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
PEG-7グリセリルココエートも非イオン界面活性剤。アニオン界面活性剤の刺激を抑えるほか、乳化促進作用などを付与。
ツバキ種子油カメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。

    大島椿頭皮のためのシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/250ml
  • 価格/1294円
  • 1mlあたり/5.18円

大島椿頭皮のためのシャンプー の宣伝文,商品説明:

きめ細かな泡立ちで、デリケートな頭皮にも毎日使える低刺激性の椿油シャンプーです。
頭皮のためのオイルによって浮き上がった汚れを頭皮に負担をかけずに洗い流し、頭皮をすこやかに保ちます。
ツバキ油が洗髪後の髪のうるおいを保ちます。
低刺激性・無香料・無着色。

[PR]
大島椿頭皮のためのシャンプー 2015 (c)シャンプー解析ドットコム