シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
オルディヘアレシピスカルプシャンプー(マティーズ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

オルディヘアレシピスカルプシャンプー

マティーズ

オルディヘアレシピスカルプシャンプー(マティーズ)   シャンプー解析ドットコム

オルディヘアレシピスカルプシャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり12.6 円
300 ml/3780 円

オルディヘアレシピスカルプシャンプーの解析結果

強力な洗浄力だけのスカルプシャンプーと呼べないシャンプー。

洗浄ベースは、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウレス硫酸Naとトップレベルの脱脂力となっています。
ココイルグルタミン酸TEAは泡立ちと使用感をしっとりさせる目的。
メントール、セイヨウハッカエキスを加えすーっとした清涼感も得られますが、返ってそれが刺激の原因となる可能性も出てきてしまいます。
ローズマリー葉エキスは美白、抗菌、血行促進作用、メリッサ葉エキスは皮脂抑制、線維芽細胞産生促進、抗菌作用、オランダカラシエキスは脱毛防止効果を付与しますが、

これらエキスのメリットを洗浄剤が台無しにしている構図と見てもいいでしょう。

PPG-12-PEG-50ラノリンは高い潤滑性とエモリエント効果を与える乳化剤。これで、洗浄剤の仕上がりの悪さをカバーしようという目的。

アスコルビン酸はビタミンCのことですが、これ単体で配合しても機能する前に分解してしまいます。

ビタミンCは酸化されやすいので、通常誘導体の形をとりますが、このように単体で配合しているパターンは何の意味もないと見て大げさではありません。


全体としては、
おそらく育毛目的のシャンプーだと思いますが、兎に角洗浄力が高くて話になりません。
使うたびに頭皮へ負担をかけ、頭皮のトラブルの原因となり得るでしょう。
エキス類は目的がはっきりしているのですが、全体の設計にやや難ありのようです。

オルディヘアレシピスカルプシャンプーの宣伝文,商品説明:

頭皮の皮脂・髪についた汚れを落とし、健やかな頭皮を育むシャンプー。
8種のハーブエキスを配合し爽快感があり、スッキリとした洗い上がりです。
さわやかなグリーンフローラルの香り。

オルディヘアレシピスカルプシャンプーの全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、エタノール、ジステアリン酸PEG-150、ポリクオタニウム-10、メントール、香料、メチルパラベンNa、PPG-12-PEG-50ラノリン、アスコルビン酸、セージエキス、ローズマリーエキス、メリッサエキス、セイヨウハッカエキス、カミツレエキス、ラベンダーエキス、ポリソルベート80、オレス-8リン酸Na、オランダガラシエキス、アロエベラエキス-1、BG、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、リン酸