シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
オリエンタル ハーブシャンプー(ジュン・コスメティック) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

オリエンタル ハーブシャンプー

ジュン・コスメティック

オリエンタル ハーブシャンプー

オリエンタル ハーブシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★★
しっとり感: X
さらさら感: X
ダメージ補修力:X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり1.5 円
500 ml/735 円

オリエンタル ハーブシャンプーの解析結果

わざと?

と疑いたくなるような、刺激成分の見本市のようなシャンプー。

パレス硫酸Naから始まる強洗浄、さらにPGで刺激。
ココイルサルコシンはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
ラウリル硫酸アンモニウムは浸透性が高い強脱脂、肌荒れ率の高い洗浄剤。
低配合のラウリル硫酸TEAも浸透性が高く、刺激、脱脂、肌荒れを懸念。

その他の部分を占めるエキス類が抗炎症作用を期待されるものばかりというのが何とも皮肉ですが、
あえてこういう風に作ったのか、偶然なのかは別として、ひどいシャンプー。

絶対的にNGで、使っている人は今すぐやめた方がいいレベルの駄作。
あらゆる角度から刺激性を与えるシャンプーですので、気をつけてください。

オリエンタル ハーブシャンプーの宣伝文,商品説明:

●ノンシリコン・さらっと軽い髪!ふわふわっと香る
●天然ゆず油(保湿成分)配合のノンシリコンシャンプーです。
●20種類の天然ハーブエキス(保湿成分)が傷んだ髪を優しくいたわりながら洗い上げ、髪に豊かなうるおいを与えます。
●アルガンオイル(保湿成分)が毛髪を保護し、髪のダメージ進行を防ぎます。
●弱酸性、無着色
●オリエンタルシトラスハーブの香り

オリエンタル ハーブシャンプーの全成分:

水、(C12.13)パレス-3硫酸Na、PG、コカミドDEA、ココイルサルコシンNa、ココアンホ酢酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、ゆず果皮油、アルガニアスピノサ核油、オトギリソウエキス、カミツレエキス、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、クララエキス、チャエキス、ソウハクヒエキス、ベニバナエキス、スギナエキス、ホップエキス、マツエキス、レモンエキス、ローズマリーエキス、アロエベラエキス-1、カッコンエキス、クロレラエキス、プラセンタエキス、ヨモギエキス、グリセリン、ラウリル硫酸TEA、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-10、クエン酸、塩化Na、EDTA-2Na、エタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール、香料