シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
オルジェノア リッチリペア シャンプー(株式会社 Relux&Co. ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

オルジェノア リッチリペア シャンプー

株式会社 Relux&Co.

オルジェノア リッチリペア シャンプー

オルジェノア リッチリペア シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: X
ダメージ補修力: X
健康毛適性: △
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: △
まとまり: △
1mlあたり1.8 円
500 ml/945 円

オルジェノア リッチリペア シャンプーの解析結果

安物の典型的な一種といえる設計です。


安上がりな洗浄剤の代表格、オレフィンスルホン酸Naとコカミドプロピルベタインで構成された荒っぽい洗浄性。
エキス類のは一部有益なものが含まれるものの、デメリットのほうがずっと大きいといえるバランスの悪い一品。

成分を見ていくと、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。

洗浄剤に関してはシンプルに脱脂力抜群のさっぱり系。悪く言えば安物の典型。
その他の成分をピックアップしてみましょう。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
ホホバ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用。
タチジャコウソウエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、収斂、抗菌作用などを付与。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。

総合すると、
あまりオススメとはいえない粗い洗浄性である上、宣伝文にある「ラウレス硫酸Na,パレス硫酸Na,シリコン不使用」といった文言がいい意味で使われていない点も評価を落としています。
なぜなら、オレフィンスルホン酸Naはラウレス硫酸Naやパレス硫酸Naときわめて同じタイプの洗浄剤であるため、消費者にとってはなんの慰めにもならないからです。

オルジェノア リッチリペア シャンプーの宣伝文,商品説明:

世界中から厳選されたオーガニックオイル&エキス成分8種を贅沢に配合
アミノ酸洗浄成分配合でしっとり洗い上げ、髪の毛にもやさしい
7つのこだわりフリー処方
シリコン、ラウレス硫酸Na、パレス硫酸Na、合成着色料、PG、合成酸化防止剤、タルク不使用
また、キューティクル補修成分でもある11種のアミノ酸成分配合でうるおいを保ち、髪の芯からしっとりケア
美容成分のスクワラン、浸透型コラーゲン、ヒアルロン酸のケア成分も配合
オルジェノア リッチリペアにはホホバエキス、パールエキスを加え、
髪の毛を集中補修し艶やかなハリ・コシのある美髪へ導くためのオリジナル処方
髪の毛を美容液で洗うという新発想のもと、髪を愛する全ての人の想いを受け止めました。

オルジェノア リッチリペア シャンプーの全成分:

水・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドプロピルベタイン・コカミドDEA・アルガニアスピノサ核油・ホホバ種子油・オリーブ油・ラベンダー花エキス・ローズマリー葉エキス・アロエベラ液汁・キュウリ果実エキス・タチジャコウソウエキス・ホホバ葉エキス・加水分解コンキオリン・ヒアルロン酸Na・加水分解コラーゲン・スクワラン・PCA-Na・アルギニン・アスパラギン酸・グリシン・アラニン・セリン・バリン・プロリン・トレオニン・イソロイシン・ヒスチジン・フェニルアラニン・PCA・クエン酸・ココアンホ酢酸Na・ココイルメチルタウリンNa・ポリクオタニウム-10・ラウリン酸PEG-12・コカミドMEA・PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油・トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル・ペンテト酸5Na・塩化Na・乳酸Na・1,2-ヘキサンジオール・パルミチン酸エチルヘキシル・安息香酸Na・フェノキシエタノール・BG・グリセリン・メチルパラベン・エタノール・香料