シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
パックス石けんシャンプー(太陽油脂) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

パックス石けんシャンプー

太陽油脂

パックス石けんシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★
しっとり感: X
さらさら感: X
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: 〇
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり 1.4円
(パックス石けんシャンプー) 220ml/ 315円

パックス石けんシャンプーの解析結果

「精製ヤシ油を原料にした石けんシャンプーで地肌を健康に保ち、しなやかな髪にします。」と解説されていますが、
とんでもありません。
ヤシ油の石けんが9割以上で、アルカリ性でなければ機能しないデメリットが地肌や髪を傷め、弱らせると言った方が正しいでしょう。
石けんはそれ自体がアルカリ性でないと分解してしまうため、弱酸性を好む肌に対してアルカリをぶつけるという構造上の問題を抱えています。
いま売られている非石けん洗浄剤のほとんどが弱酸性であるのは、肌に最もストレスが少ないためです。
また、髪に至ってはよりアルカリに敏感で、パーマの1番目の薬がアルカリ性なのは「キューティクルを開いて薬液を浸透させるため」であるように、
石けんのアルカリもまた、髪のキューティクルに作用し「ノーガード状態」に追い込みます。
もし酸リンスをせずに仕上げたのなら、髪は無残なダメージ状態をずっと続けることになりますね。
それほど、石けんというのは美容には相性の悪い製品であると言えます。
これは、石けんしか選択肢がないなら別ですが、今は石けん以外に豊富な選択肢が用意されていて、それらのほとんどは石けんより低刺激で弱酸性、髪にも肌にも負担の少ない製品であることを忘れてはいけません。

パックス石けんシャンプーの宣伝文,商品説明:

・精製ヤシ油を原料にした石けんシャンプーで地肌を健康に保ち、しなやかな髪にします。
・合成界面活性剤、合成酸化防止剤、防腐剤、着色料は使用しておりません。

パックス石けんシャンプーの全成分:

水、カリ石ケン素地、グリセリン、香料、クエン酸