シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ポールミッチェル ティーツリーLM モイスチャライジング シャンプー (タカラベルモント) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ポールミッチェル ティーツリーLM モイスチャライジング シャンプー

タカラベルモント

ポールミッチェル ティーツリーLM モイスチャライジング シャンプー (タカラベルモント)   シャンプー解析ドットコム

ポールミッチェル ティーツリーLM モイスチャライジング シャンプー の格付け

☆☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★
しっとり感: △
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: △
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり6.6 円
300 ml/1995 円

ポールミッチェル ティーツリーLM モイスチャライジング シャンプー の解析結果

強力な脱脂力を持った典型的なダメシャンプー。

洗浄ベースは、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸Naという高刺激、高洗浄力の代表とも言える洗浄剤で構成。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
PCAジメチコンはPCA変性型のシリコーンで、肌や髪へのなじみがよく、シリコーン独特のきしみを軽減。
ポリクオタニウム-7は、増粘作用、しっとり感、乾燥後の指通りの改善効果を付与。
ダイマージリノール酸(IPDI/PEG-15コカミン)コポリマーが抱水性と密着性を持つポリマー。潤滑性を高めますが、わずかに接触性皮膚炎の懸念あり。

PEG-8ジメチコンが水溶性のシリコーン。パンテニルコハク酸シリコーンクオタニウム-2はシリコーンのメチル基の一部をカチオン化し、ダメージ部に吸着しやすく、ツヤと平滑性をあたえる。
トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロパンは保湿作用を与える閉塞剤。
コハク酸PEG-8ジメチコンセチルトリエチルモニウムはPEG-8、コハク酸、セチルトリメチルアンモニウムによるシロキサン重合体。吸着性と相溶性を持つシリコーンポリマーです。
ポリクオタニウム-6は塩化ジメチルジアリルアンモニウムの略称で、皮膜形成作用による指通り改善効果。
その他、アミノ酸各種、ミドリハッカエキス、ティーツリー油などを配合。


全体としては、
数多くの感触改良成分を配合している影響で、仕上がり、洗髪時には滑らか感を感じさせていますが、

実際には非常に強い脱脂力、及び刺激性を持つ洗浄剤で洗っている上で、シリコーンポリマーをかぶせているだけなので、

繰り返しこの製品で洗髪すると頭皮の状態を悪化させ、髪は日に日にダメージを深めていくことになるでしょう。

ノンシリコンがいいシャンプー、というわけでは全くありませんが、

こういう製品のように、シリコーンで感触をさも良質なシャンプーのようにごまかす製品が存在するために、"ノンシリコンは髪にいいシャンプー"なんて風潮が広がってしまったのだと確信しています。

最高に反面教師にすべきダメシャンプーです。

ポールミッチェル ティーツリーLM モイスチャライジング シャンプー の宣伝文,商品説明:

カラーやパーマによるダメージをケアし、潤いとツヤを与えるシャンプーです。
ハーブ成分(ティーツリー葉油・ラベンダー油・ラベンダーエキス・セイヨウハッカ油)が髪と頭皮を清潔に、さわやかに保ちます。

ポールミッチェル ティーツリーLM モイスチャライジング シャンプー の全成分:

水、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、PCAジメチコン、コカミドMEA、ジステアレス-75IPDI、ジステアリン酸グリコール、香料、セタノール、ジステアリン酸PEG-150、クエン酸、ポリクオタニウム-7、ダイマージリノール酸(IPDI/PEG-15コカミン)コポリマー、ポリクオタニウム-6、PEG-8ジメチコン、パンテニルコハク酸シリコーンクオタニウム-2、トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロパン、パンテニルエチル、コハク酸PEG-8ジメチコンセチルトリエチルモニウム、EDTA-2Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、硝酸Mg、塩化Mg、グリシン、ヒスチジンHCI、チロシン、システイン、ロイシン、ヒロハラベンダー花/葉/茎エキス、ミドリハッカエキス、ティーツリー葉油