シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ポールシェリー リバイタライジング ヘアシャンプー(ピーエスインターナショナル) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ポールシェリー リバイタライジング ヘアシャンプー

ピーエスインターナショナル

ポールシェリー リバイタライジング ヘアシャンプー

ポールシェリー リバイタライジング ヘアシャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: X
さらさら感: ◯
ダメージ補修力: △
健康毛適性: ◯
敏感肌適性: △
さっぱり感: △
コシを出す感: X
まとまり: △
1mlあたり9 円
200 ml/1890 円

ポールシェリー リバイタライジング ヘアシャンプーの解析結果

泡立ちよくさっぱりしたタッチですが、低刺激に調整されているマイルドさっぱりシャンプー。


そして、コンディショニング効果も期待できる点が特徴。
こちらも低刺激性のカチオンポリマーがダメージをコーティングしながら洗える、という使用感に優れた一品といえるでしょう。

成分を見ていくと、
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ヤシ油アルキルグルコシドはとてもマイルドで目や肌に対する刺激が少なく、他の界面活性剤の刺激を緩和する目的で用いられます。

ベースの洗浄剤は、泡立ちとサッパリ感を持ちますがマイルドな印象を残すでしょう。
サラッとした仕上がりを望むならちょうどいい感触といえそう。

その他の成分をピックアップすると、
PEG-15ココポリアミンは擬似カチオン界面活性剤として働き、毛髪のケラチンに作用し柔軟性を与える。
ラウリルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパクはカチオン化コムギタンパクが毛髪補修効果を発揮して、コンディショニング効果はまずまず感じられます。
スギナエキスはメラニン生成を抑制、代謝促進。
クオタニウム-80はカチオン化したシリコーンで、毛髪への吸着性が優れシルキーな感触を付与。ツヤ、まとまり、乾燥後の仕上がりを改善します。

まとめると、
ややダメージが気になる方にストレスを少なく洗えるタイプのシャンプーといえます。
カチオンポリマーの働きで、ダメージ部分をケアしながらさっぱりと低刺激に与えるという特徴が好感度高。

しっとりとした感じは全くないので、サラサラ感を重視する方に特にオススメといえるダメージヘア用シャンプーです。

ポールシェリー リバイタライジング ヘアシャンプーの宣伝文,商品説明:

パーマ、ヘアダイなどで傷んで敏感な髪の方にモイスチュアバランスを整えながら、しっとりとしなやかな髪に仕上げるアミノ酸系シャンプーです。

ポールシェリー リバイタライジング ヘアシャンプーの全成分:

水、ココアンホ酢酸Na、ラウレス硫酸Na、ヤシ油アルキルグルコシド、グリセリン、ラウリルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパク、PG、コカミドDEA、PEG-15ココポリアミン、パンテノール、クオタニウム-80、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、メチルパラベンNa、スギナ葉エキス、香料