シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ペタルフレッシュオーガニクス オーガニックシャンプー(GMA) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ペタルフレッシュオーガニクス オーガニックシャンプー

GMA


ペタルフレッシュオーガニクス オーガニックシャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
洗浄力:◯
安全性:△
補修力:x
潤滑性:△
うるおい:x
1mlあたり2.7 円

ペタルフレッシュオーガニクス オーガニックシャンプーの解析結果

オーガニック=優しいとは限らない。


色んな意味で刺激的な製品といえる一品。

洗浄剤とビタミンA。

ラウロイルサルコシンNa。悪くはないが、アミノ酸系の中ではわりと暴れん坊。
洗浄力がしっかりしていて、刺激性を有するタイプの洗浄剤でもあります。
さらに、ビタミンA誘導体の特徴は角質の代謝促進。
これは、皮膚の敏感な方、皮膚が薄い方には比較的喜ばしくない成分といえます。
敏感肌をより敏感にさせる可能性も秘めているため。


エキスの質は高い

配合エキスの質は良く、高い抗酸化作用、抜け毛抑制、抗炎症、抗菌といった作用が期待されます。

ただし、前述のデメリットとなり得る部分が残念であり、これらのメリットを活かしきれる可能性を打ち消すには充分です。



主な成分の解説

ラウロイルサルコシンNaは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
ココイルイセチオン酸Na, コカミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、泡質がクリーミーでしっとり感があり、粘膜刺激が低く生分解性が良好。
ヒドロキシプロピルメチルセルロースは水溶性フィルムコーティング剤で、安定性に優れ、非イオン性という特徴を持ち、接着・密着(バインダー)性に優れます。
ザクロエキスはヒトの女性ホルモンと類似した活性を持つ成分で、肌の弾力を増す、皮脂の過剰な分泌を抑制する、育毛、美肌といった優れた効果を付与します。
アサイヤシ果実エキスアサイーという名でおなじみの果物エキス。抗酸化作用と高い保湿性能を持ち、アンチエイジング目的で用いられます。
ババス油はヤシ油に似た脂で、ラウリン酸が半分程度を占めるさっぱりとした感触が特徴。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。
フキタンポポエキス(キク科フキタンポポの葉、花から抽出)は、ファラジオール、ルチン、タンニン、フィトステロールなどを含み、収れん、抗炎症、皮膚機能活性化作用を付与。
セイヨウノコギリソウエキス(キク科常緑多年草,=ヤロウエキス)は、アズレン、ピネン、リモネン、カンファーなどを含み抗酸化作用、抗菌、抗炎症、収れん作用を付与。
スギナエキスはメラニン生成を抑制、代謝促進。
アルテアエキスは保湿性が非常に高い成分で、別名ウスベニタチアオイ、ビロウドアオイとも呼ばれます。
メリッサ葉エキス(シソ科多年草、レモンバームの葉から抽出)は、タンニン、ロズマリン酸、シトラールなどを含み、皮脂抑制、線維芽細胞産生促進、抗菌作用。
タチジャコウソウエキスはシソ科、葉・茎から抽出。香辛料としても用いられます。抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、収斂、抗菌作用などを付与。
セイヨウノコギリソウエキスは抗酸化作用、抗菌、抗炎症、収れん作用を付与。

ペタルフレッシュオーガニクス オーガニックシャンプーの全成分:

水、ラウロイルサルコシンNa、コカミドプロピルベタイン、ココイルイセチオン酸Na、ココイルイセチオン酸アンモニウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ザクロエキス、アサイヤシ果実エキス、ババス油、酢酸トコフェロール、パルミチン酸レチノール、パンテノール、グリセリン、フキタンポポ花エキス、セイヨウノコギリソウエキス、スギナエキス、ローズマリーエキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、メリッサ葉エキス、タチジャコウソウエキス、ポリソルベート20、クエン酸、香料、デヒドロ酢酸、ベンジルアルコール、塩化Na、安息香酸Na

ペタルフレッシュオーガニクス オーガニックシャンプーの宣伝文,商品説明:

甘く熟したざくろとアサイの香り。
とろみのあるテクスチャーが潤いを与えます。
ざくろ&アサイ抽出液がフリーラジカルから髪を保護し、カラーリングした髪を美しく健やかに保ちます。