シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー) サボン モーヴ
(ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー) サボン モーヴ

ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン


ペー・ジェー・セー・デー サボン モーヴ
P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー) サボン モーヴ のオススメレベル

P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー) サボン モーヴ の解析結果

さっぱり感強め、やや余計なものが多い?


洗浄剤の質は可もなく不可もなく、やや洗浄力強め設定で刺激性はあまりないタイプです。
ただ、添加成分はやや不思議なチョイスが目につきます。
酸化チタンやパラフィン、イライト、酸化鉄?泥系成分あり、ファンデーションのような鉱物末あり、
スクラブのような洗浄性や、仕上がりのホワイトニング効果を狙う意図もあるのでしょうか。
グンジョウ、酸化鉄のような色付け成分が肌に有用とは思えませんが、少しシャンプーとして大事な軸からずれている設計に見えてしまうのが残念です。


単純な石鹸などに比べればデメリットは少ないのですが、余計な、特に必要性を感じない素材が混入している点を考慮すべきでしょう。


[PR]

P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー) サボン モーヴ の全成分:

ココイルイセチオン酸Na、スルホコハク酸ラウリル2Na、、セテアリルアルコール、コーンスターチ、グリセリン、ステアリン酸、水添ヒマシ油、水、トリデセス硫酸Na、アルガニアスピノサ核油(オーガニック)、酸化チタン、コカミドプロピルベタイン、コカミドMEA、パラフィン、香料、パーム脂肪酸Na、グンジョウ、プロパンジオール、ナツメ種子エキス、ソルビン酸K、安息香酸Na、PG、ブドウ種子油、パーム核脂肪酸Na、パンテノール、イライト、ポリクオタニウム-7、ブドウ種子エキス、酸化鉄、ヒバマタエキス、グリセリン、塩化Na、エチドロン酸4Na、EDTA-4Na

主な成分の解説をみるココイルイセチオン酸Naは両性界面活性剤で、泡質がクリーミーでしっとり感があり、粘膜刺激が低く生分解性が良好。
スルホコハク酸ラウリル2Naは弱酸性でも起泡力が良好で、皮膚に滑り感やつっぱり感を残さない。高い洗浄力と生分解性が特徴。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
酸化チタンは非常にきれいな白色の顔料で、紫外線散乱剤としても用いられる無機化合物です。
パラフィンはロウソクやクレヨンでもおなじみのワックス成分で、化学的に安定し油性基剤として潤滑な感触を与える。
プロパンジオールはデンプンを発酵して得たグリコールの一種で、高い抗菌性、良好な保湿性、毛髪にはしっとり感、潤滑性、軽いタッチを与えます。
ナツメ果実エキスは保湿、収れん、皮膚細胞活性化作用を有し、リパーゼを活性化することから脂肪の代謝を助ける働きもあります。
ブドウ種子油は軽いタッチが特徴のオイルでリノール酸、トコフェロールを多く含み、抗酸化作用を特徴とします。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
ブドウ種子エキスは、水溶性抗酸化物質プロシアジニンを豊富に含有。
ペー・ジェー・セー・デー サボン モーヴ

    P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー) サボン モーヴ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/45ml
  • 価格/2100円
  • 1mlあたり/46.67円

P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー) サボン モーヴ の宣伝文,商品説明:

濃密な泡で頭皮環境を整えて、髪本来の力を引き出すスカルプケアソープです。
リンス・コンディショナー不要のしなやかな洗い上がりを実現しました。
マッサージするほどに、地肌と髪に有効な成分が浸透し、たった一つで頭皮と髪をケアします。
マンダリンオレンジ、レモン、ベルガモットなど、シトラス・ウッディ系の深みのある香りです。

[PR]
P.G.C.D.(ペー・ジェー・セー・デー) サボン モーヴ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム