シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ピジョンオーガニクス ベビーシャンプー
(ピジョン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ピジョンオーガニクス ベビーシャンプー

ピジョン


ピジョンオーガニクス ベビーシャンプー のオススメレベル

ピジョンオーガニクス ベビーシャンプー の解析結果

ほぼ刺激なしで最小限の洗浄性。安心感は最上級。


どちらかと言えばコンディショナーに近いようなタッチであろう、ベビーシャンプーです。
ほんの僅かに含まれるアミノ酸系洗浄剤のほか、ベースはラウリルグルコシドやラウリルベタインといったさっぱり寄りのマイルドな乳化剤を配置。
洗うよりもしっかり保湿成分を残すことを目的としているような設計といえます。
防腐剤の一角に大根発酵液を使い、細部に至るまで刺激性を抑えようという意図が感じられます。

タンカン果実水の抗酸化・収れん作用や、バオバブ種子油のエモリエント効果、カワラヨモギの抗菌・抗炎症作用など、スキンケア要素の強い赤ちゃん向けという設計が存分に感じられる内容に。

特に生まれたてで肌バリアが完全でない赤ちゃんに適した、悪影響のとても少ないシャンプーといっていいでしょう。


[PR]

ピジョンオーガニクス ベビーシャンプー の全成分:

水、ラウリルグルコシド、プロパンジオール、タンカン果実水、ラウリルベタイン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ジカプリリルエーテル、ヤシ油アルキルグルコシド、オレイン酸グリセリル、レウコノストック/ダイコン根発酵液、グリセリン、安息香酸Na、カプリル酸グリセリル、ココイルグルタミン酸2Na、エタノール、フィチン酸、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ココイルグルタミン酸Na、バオバブ種子油、カワラヨモギエキス、チョウジエキス、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、カミツレ油、酸化Mg、トコフェロール

主な成分の解説をみるラウリルグルコシドは非イオン界面活性剤で刺激の緩和。
プロパンジオールはデンプンを発酵して得たグリコールの一種で、高い抗菌性、良好な保湿性、毛髪にはしっとり感、潤滑性、軽いタッチを与えます。
更に ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
レウコノストック/ダイコン根発酵液は、菌の増殖を抑える作用があるため、肌を清潔に保ち、吹き出物など菌に起因するトラブルの予防にも有効とされています。
フィチン酸は米ぬか由来のキレート(金属封鎖)効果、pH調整、収れん、抗シワ、保湿作用を付与。
バオバブ種子油は、γ-リノレン酸,ビタミンA,D,Eやトリグリセライドを豊富に含み、乾燥やアレルギー肌、ダメージ毛に有効なオイルです。
カワラヨモギエキスは抗酸化作用、女性ホルモン様作用、皮脂の抑制、収れん作用、抗菌作用を付与。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。

    ピジョンオーガニクス ベビーシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.6

  • 素材の品質:4
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 4
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/80ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/20.25円

ピジョンオーガニクス ベビーシャンプー の宣伝文,商品説明:

生まれたその日から使えるベビーシャンプーです。
天然由来成分99.9%使用。
バオバブシードオイル、オーガニックのエッセンシャルオイル(ラベンダー・ゼラニウム・ジャーマンカモミール)を配合しています。
赤ちゃんもママも、おだやかな気持ちになるやわらかなオーガニックアロマの香りです。

[PR]
ピジョンオーガニクス ベビーシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム