シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
プラーミア ヘアセラム シャンプー F 
(ミルボン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

プラーミア ヘアセラム シャンプー F

ミルボン


プラーミア ヘアセラム シャンプー F のオススメレベル

プラーミア ヘアセラム シャンプー F の解析結果

髪に弾力を与えるが、傷ませもする。


ダメージ修復や弾力の改善を狙ったシャンプーといえそうな構成。
大豆、ケラチンの添加がある程度仕上がりに弾力を感じさせることでしょう。

しかし、洗浄剤は値段なり、というかこだわりを感じるまでに至らない質素なもの。
ラウレス硫酸Naをベースとした普通の作りで、添加洗浄剤は多少質が良いものの、基本的にダメージ毛向けではありません。
安い価格のシャンプーの中では多少健闘していますが、オススメには至らず。


[PR]

プラーミア ヘアセラム シャンプー F の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ココアンホ酢酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、加水分解ダイズエキス(黒大豆)、カルボキシメチルジスルフィドケラチン(羊毛)、ホホバ油、ロイシン、オウゴンエキス、ココイル加水分解ケラチンK(羊毛)、ピリドキシンHCI、パントテン酸Ca、PCA-Na、(アクリル酸アルキル/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマー、ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ラウリルベタイン、コカミドメチルMEA、グリチルリチン酸2K、クエン酸、BG、AMP、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
加水分解ダイズタンパクはダメージ部に吸着し、保湿、補修効果を付与。
ホホバ油はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ロイシンは肌の感触を滑らかにし、髪のコンディショニング効果を付与。
オウゴンエキスは抗酸化、保湿、抗炎症、抗菌、抗アレルギー作用。
ピリドキシンHCl はビタミンB6ことピリドキシンの塩酸塩。卵黄にも含まれるたんぱく質や脂肪の代謝に関わる成分で、抗アレルギー作用、皮脂コントロール、肌荒れ防止目的で配合。
(アクリル酸アルキル/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマーは乳化物の安定性を高め、脂質の結晶化を抑える効果があることから、水分保持・感触改善・外観改良効果を与える。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。

    プラーミア ヘアセラム シャンプー F の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/200ml
  • 価格/1512円
  • 1mlあたり/7.56円

プラーミア ヘアセラム シャンプー F の宣伝文,商品説明:

毛髪に弾力感を与えるシャンプー。
毛髪内部が損傷しやすくなっているため、内部まで浸透し補修する「植物性オイル美容液成分(ホホバオイル)」を配合することで、毛髪内の水分をしっかり閉じ込められる状態にします。

[PR]
プラーミア ヘアセラム シャンプー F 2017 (c)シャンプー解析ドットコム