シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
プラーミア ヘアセラム シャンプー M 
(ミルボン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

プラーミア ヘアセラム シャンプー M

ミルボン


プラーミア ヘアセラム シャンプー M のオススメレベル

プラーミア ヘアセラム シャンプー M の解析結果

添加剤は及第点、洗浄剤はダメ。


華やかな脇役と、安っぽい洗浄剤の組み合わせ。
さすがだな、と思わせる部分はミルボンさんだけあって存在しますが、
洗浄剤の質の低さは擁護できるレベルではありません。
こんなレベルの洗浄剤で洗ってしまっては、髪の柔軟性も弾力もあったものではありません。

きちんと髪を、頭皮を考えるなら選択しないべき一品でしょう。


[PR]

プラーミア ヘアセラム シャンプー M の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウレス-6酢酸Na、DPG、イソステアラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ジステアリン酸グリコール、加水分解ダイズエキス(黒大豆)、カルボキシメチルジスルフィドケラチン(羊毛)、月見草油、ロイシン、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、セタノール、チューベロース多糖体、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-52、ラウリルベタイン、ココイルアルギニンエチルPCA、ココイルイセチオン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、PPG-3カプリリルエーテル、ラウレス-16、サクシニルグリチルレチン酸2Na、グリチルリチン酸2K、リンゴ酸、塩化Na、乳酸Na、BG、グリセリン、エタノール、AMP、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウレス-6酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
加水分解ダイズタンパクはダメージ部に吸着し、保湿、補修効果を付与。
オウゴンエキスは抗酸化、保湿、抗炎症、抗菌、抗アレルギー作用。
ユキノシタエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、メラニン生成を抑制、収れん作用、女性ホルモン様作用。
チューベロース多糖体は皮膚表面を平滑化する多糖体で、月下香の白い花びらから抽出。温度による変化がほとんど起こらず、寒冷乾燥環境でも角質を確実に保湿します。
ポリクオタニウム-52は球状3次元架橋コポリマーによるつっぱり感、きしみを改善し、しっとりした感触を付与。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。

    プラーミア ヘアセラム シャンプー M の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:3

  • 容量/200ml
  • 価格/1512円
  • 1mlあたり/7.56円

プラーミア ヘアセラム シャンプー M の宣伝文,商品説明:

毛髪に柔軟性を与えるシャンプー。
キューティクル付近が損傷しやすくなっているため、毛髪の表面付近にとどまり補修する「植物性オイル美容液成分(月見草オイル)」を配合することで、水分をしっかり閉じ込められる状態にします。

[PR]
プラーミア ヘアセラム シャンプー M 2017 (c)シャンプー解析ドットコム