シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
プレリアップ スカルプシャンプー(大正製薬) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

プレリアップ スカルプシャンプー

大正製薬

プレリアップ スカルプシャンプー

プレリアップ スカルプシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
しっとり感: X
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: △
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり4.5 円
400 ml/1890 円

プレリアップ スカルプシャンプーの解析結果

リアップのプレシャンプーということですが、

ラウレス硫酸Na、ナフタレンスルホン酸ナトリウムといったドシドシ洗浄してしまおうという狙いの見える全成分。
ただし、要所で抗炎症成分を多用している点は低刺激処方に持っていこうという意図を覗えます。
白樺、メリッサ、フキタンポポ、セージ、スギナといったエキスがそれですね。
非イオン界面活性剤、アミノ酸系界面活性剤も刺激抑制効果。
メントールの清涼感、ホホバのエモリエント性、ピロクトンオラミンの真菌殺菌効果で設計。


全体としては、
低刺激にするための工夫は見られる部分もありますが、基本的な部分で安っぽい洗浄剤を採用してしまい、高洗浄による肌や髪への負担が避けられないシャンプーと言えます。
リアップそのものは役に立つ製品だとおもいますが、このシャンプーは何ともオマケで造ったような中途半端でリアップの足を引っ張るのではないかと心配してしまうレベルです。

真菌抑制のためのピロクトンオラミンも、このシャンプーに必要なのでしょうか?
どうも方向性のよくわからない中途半端に色々やろうとしているシャンプーにみえます。
このレベルであれば市販の一般的なシャンプーを使っても大差なく、逆にそっちの方が低刺激だったりする場合も多いでしょう。

プレリアップ スカルプシャンプーの宣伝文,商品説明:

頭皮(スカルプ)は髪の土台です。頭皮を不潔にしていると、髪の生育や発毛・育毛剤の吸収を妨げます。
プレリアップスカルプシャンプーは、アミノ酸系洗浄成分を配合。泡立ちと指通りが良く、頭皮の毛穴づまりをサッパリ洗い流し、頭皮環境を整えます。
有効成分ピロクトンオラミンがフケ・かゆみを防ぎます。
保湿剤の混合植物エキス・海藻エキス・ホホバアルコールを配合
さわやかなシトラスミントの香りです。

医薬部外品
【効能 効果】
・フケ・かゆみを防ぐ、毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ、毛髪・頭皮を清浄にする、毛髪・頭皮をすこやかに保つ

プレリアップ スカルプシャンプーの全成分:

有効成分・・・ピロクトンオラミン
その他の成分・・・BG、N.N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩・N.N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール共重合体/PEG混合物、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム、PG、POEラウリルエーテル、アルキルグリコシド、イラクサエキス-1、エタノール、カモミラエキス-1、クエン酸、ジグリコールエチルエーチル、ジステアリン酸グリコール、シラカバエキス、スギナエキス、セージエキス、トリイソステアリン酸POEソルビタン、ナフタレンスルホン酸ナトリウム、パラベン、フキタンポポエキス、ホホバアルコール、マロニエエキス、メリッサエキス、メントール、ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸エタノールアミド、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウレス硫酸Na、ローズマリーエキス、安息香酸Na、塩化Na、海藻エキス-1、水酸化Na、水、香料