シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
プロマスターカラーケアクールシャンプー(ホーユー) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

プロマスターカラーケアクールシャンプー

ホーユー

プロマスターカラーケアクールシャンプー

プロマスターカラーケアクールシャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: ◯
ダメージ補修力: △
健康毛適性:△
敏感肌適性: △
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
まとまり: △
1mlあたり5 円
200 ml/1050 円

プロマスターカラーケアクールシャンプーの解析結果

カラー毛に対応した清涼感を伴うシャンプーとなっています。


コーティング効果とカラーロック効果を持つ成分を含有し、まずまずマイルドでさっぱりした洗浄設計。

成分を見ていくと、
ラウラミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。

比較的マイルドながら泡立ちたっぷり、さっぱりした洗いあがりのベース。
その他の成分をピックアップすると、
ビワ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、メラニン生成を抑制、収れん作用、抗菌、抗炎症作用。
キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはカチオン性であるキトサンをさらに4級化(カチオン化)して、ダメージ部に選択的に吸着し抗菌、コンディショニング効果、退色防止効果を付与する。
タウリンは生体に含まれる含硫アミノ酸の一種で、化学名は2-アミノエタンスルフォン酸。肌機能活性化効果を持つ。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
酒石酸はキレート(金属封鎖)効果を持つ。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲンはコラーゲンの保湿とシリル化合物の伸展性、ツヤ効果、熱反応でシラノール基同士が高分子化皮膜を形成し、髪を保護。
メントールの清涼作用。
メマツヨイグサ抽出液(月見草エキス)は他に類を見ない高いポリフェノール量と強い抗酸化作用を背景に、抗シワ、フケ抑制、消臭、ニキビケア、美白作用。
ポリクオタニウム-47はコンディショニングポリマーで、カラーロック効果によりカラーリングの色落ちを抑制します。
また、シャンプーの泡立ちを改善し、泡の持続性も高めます。
エチドロン酸はキレート(金属封鎖)剤の一種で、1-ヒドロキシエタン-1 1-ジホスホン酸という物質名の有機リン化合物。製品の品質保持剤、もしくは髪のコンディションアップで配合。

まとめると、
基本的にさっぱりと洗えるタイプのシャンプーで、清涼感、消臭効果、カラーロック効果を伴う内容であるといえます。
カラーリングしたての方だけでなく、わりとすっきり洗いあげたい方に向いている内容で、
一見悪くない製品かと感じることができるでしょう。
ただし、価格設定の問題もあってか随所でクオリティを感じない部分も見え、最高級の製品と比較するとどうしても見劣りはします。
逆に言えば、この価格帯でこれだけ作っているのは健闘ということもできるため、安価にカラーを長持ちさせたいという方には及第点といえるでしょう。

プロマスターカラーケアクールシャンプーの宣伝文,商品説明:

ワックス・皮脂・汗の汚れもスッキリ! 爽やかな洗い心地で、スタイリングしやすい髪へ♪

プロマスターカラーケアクールシャンプーの全成分:

水、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、ラウレス硫酸Na、DPG、ビワ葉エキス、キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、タウリン、アルギニン、酒石酸、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、ラウリン酸BG、メントール、メマツヨイグサ種子エキス、BG、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-47、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、エチドロン酸、エチドロン酸4Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料