シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
プロピア プログノ 126 シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

プロピア プログノ 126 シャンプー

プロピア

プロピア プログノ 126 シャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激レベル
★★
☆☆☆
しっとり感:〇
さらさら感:△
ダメージ補修力:△
健康毛適性:△
さっぱり感:X
ハリコシ補修度:X
1mlあたり13.6円
200ml/2730円

プロピア プログノ 126 シャンプーの解析結果

高額な値付けに見合わない品質の低さを見せつける一品です。


使用感だけはごまかそうとしていますが、実際には非常に安上がりなシャンプーである事は否めません。
1、2度使うだけでそのシャンプーの質の低さに誰しもが気づくでしょう。

成分を順に見ていくと、
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。

洗浄剤の部分は使用感をしっとりさせている以外は在り来たりな高脱脂シャンプーです。

加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
ジメチコンコポリオールはポリエーテル変性シリコーンで、毛髪、皮膚により優れた滑り、保湿性を付与します。
アルキル(C12-14)ジアミノエチルグリシンHCLは強い殺菌・脱臭効果。洗浄・コンディショニング効果を持つ成分。
酢酸トコフェロールはα-トコフェロールを酢酸エステル化して得た合成ビタミンE。血流促進効果、抗酸化作用によるシミ、そばかす、肌の老化防止を防ぐ効果。

添加剤にて、多少コンディショニング効果を付与していますが、
これといってメリットの少ない平凡で面白味のないシャンプーでしょう。

洗浄剤もたいしたものではなく、安上がり感が否めない処方です。

その粗雑なベースをごまかすための添加剤であり、
全体的に消費者のことを考えて作られたような形跡は、残念ながら見当たらないシャンプーといえます

プロピア プログノ 126 シャンプーの宣伝文,商品説明:

「プロピア プログノ 126 シャンプー」は、アミノ酸を洗浄用主成分として、髪や地肌の健康を考えた弱酸性のアミノシャンプー。
ダメージヘアやドライヘアもマイルドに整え、毛髪を傷めません。
また、泡立ちが豊かなので、少量で洗髪でき、リンスを用いなくてもなめらかな洗い上がりです。

全成分:

精製水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、グリセリン、ラウラミドDEA、ラウラミンオキシド、ジステアリン酸グリコール、加水分解コラーゲン、ジメチコンコポリオール、ポリクオタニウム-10、PCA-Na、オクタン酸セチル、ジステアリン酸PEG-150、香料、メチルパラベン、アラントイン、アルキル(C12-14)ジアミノエチルグリシンHCI、酢酸トコフェロール、卵黄油
[スポンサーリンク]
5つ星をかんたん購入なら
シャンプー解析ドットコムオフィシャルストア 解析ストア
プロピア プログノ 126 シャンプー(c)2017 BESMA.Co