シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ルベル プロセニア シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ルベル プロセニア シャンプー

ルベル

ルベル プロセニア シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
ダメージ補修力:△
健康毛適性:X
さっぱり感:◯
ハリコシ補修度:△
1mlあたり5円
300ml/1500円

ルベル プロセニア シャンプーの解析結果

カラーリングヘア向けのシャンプーとは思えないような、粗い作りのシャンプーです


添加剤のところに、多少カラーを長持ちさせるような要素はありますが、大部分を占めるベースの洗浄剤がまるで駄目です。
価格を抑える必要に迫られると、こういったある意味で手抜きの洗浄剤を選択してしまうのでしょう。

成分を順に見ていくと、
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
PPG-2コカミド、PEG-7グリセリルココエート、ジステアリン酸グリコールあたりはパール状に演出したり感触改善を図ったりといった油剤。

洗浄剤の部分はさっぱりと、特に上質さは感じないよくあるタイプのベースです。

フィチン酸は米ぬか由来のキレート(金属封鎖)効果、pH調整、収れん、抗シワ、保湿作用を付与。
加水分解コムギタンパクは酸性アミノ酸を多く含むコムギタンパク分解物。毛髪や肌のアミノ酸と親和性が強く皮膜形成や保湿作用を付与します。
シスチンビスPGプロピルシラントリオールは熱反応で結合力を高める毛髪コーティング機能や、毛髪内部で強力に結合することにより高い補修効果を見込める成分です。
トルメンチラ根エキスはバラ科の植物由来で、タンニンを含み収れん作用、消臭作用を持つ。
ポリクオタニウム-47は、ゴワつき感、滑り感を両方とも好改善するポリマーです。
ラウレス-5酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ラウリミノジプロピオン酸Naは両性界面活性剤で洗浄剤の刺激緩和やコンディショニング効果を与えます。

後半の部分は、いろいろと感触改良効果を付加しようという工夫がなされています。
しかしながら、全体的なクオリティーはやはり高いものとは言えないでしょう。

洗浄剤のレベルの低さがどうにも目立ってしまい、粗い使用感、仕上がりの突っ張ったような違和感など、

ある意味でカラーロック効果を期待してそういった質感を狙っている部分もありますが、
いずれにせよカラー毛に最適なシャンプーとは程遠い内容です。

この程度のシャンプーでカラーリングした髪を洗うのは、いかにももったいないことです。


ルベル プロセニア シャンプーの宣伝文,商品説明:

「ルベル プロセニア シャンプー」は、ヘアカラーやパーマによってデザインされたサロンスタイルを美しく保つためのデイリーケア用シャンプーです。
毛髪を引き締め、毛髪保護成分を補うことで、ダメージによる質感低下を抑え、カラーの色持ちをキープします。

全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、PPG-2コカミド、PEG-7グリセリルココエート、ジステアリン酸グリコール、フィチン酸、加水分解コムギタンパク、加水分解コムギ、シスチンビスPG-プロピルシラントリオール、トルメンチラエキス、グリチルリチン酸 2K、レシチン、グリセリン、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-47、BG、ポリソルベート80、コカミドDEA、ラウレス-5酢酸、ココベタイン、ラウラミノプロピオン酸Na、香料、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、安息香酸Na、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、イソプロパノール