シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム

ピュエル シャンプー(ビューティプランニング)

ピュエル シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ピュエル シャンプー

ビューティプランニング

ピュエル シャンプー シャンプー解析ドットコム

ピュエル シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
ダメージ補修力:△
健康毛適性:△
さっぱり感:△
ハリコシ補修度:X
1mlあたり7.8円
(ピュエル シャンプー)800ml/6300円

ピュエル シャンプーの解析結果

マイルドな洗浄剤を先頭に配置し、これだけなら相当に低刺激なコンディショニングシャンプーといった特徴になりますが、

スルホコハク酸、ラウレス硫酸Naラウリル硫酸Naを加えることによって
泡立ち、洗浄力、乳化力を一気に上げています。

製品の使用感向上を目的としているのでしょうが、
この手法をやや乱暴、または軽率という見方をされても致し方ありません。

コラーゲン、レシチン、糖セラミド、ジメチコンと、保湿感と皮膜によるコンディショニング効果を足していますが、

条件が揃うと発がん性の懸念が僅かにあるTEA単体を配合。
保湿感による仕上がりのコンディショニング効果は一定の効果がありますが、
全体としてはこの値段に見合うようなクオリティではありません。

肌に優しいとは言えない部分が散見され、
ジメチコンはそれらの悪い要素を誤魔化すためのように感じます。

ミレアムシャンプー3本分の値段でこれでは、選択するに値しないと考えます。

ピュエル シャンプーの宣伝文,商品説明:

洗浄成分をベースに、セラミドや毛髪修復成分をたっぷり配合したダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用シャンプー。

ピュエル シャンプーの全成分:

水、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドDEA、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2NA、ジエチレングリコール、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、ポリクオタニウム-10、ラウリル硫酸Na、ココイル加水分解コラーゲンTEA、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コラーゲン、ベタイン、レシチン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水添レシチン、リゾレシチン、ジメチコン、TEA、グリコール酸、プロピルパラベン、フェノキシエタノール、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、EDTA-2Na、香料