シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ピュアドロップシャンプー(エムズビロード) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ピュアドロップシャンプー

エムズビロード

ピュアドロップシャンプーの格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
☆☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
ダメージ補修力: △
健康毛適性: 〇
敏感肌適性: 〇
さっぱり感:△
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり 19円
200ml/ 3780円

ピュアドロップシャンプーの解析結果

感じの良いシャンプーです。


特に、肌の弱い方、もしくは頭髪、頭皮に余計な負担をかけず洗浄したい、という方には上位の候補となる可能性を持った一品といえるでしょう。
頭皮にとっては何とも喜ばしい特徴を持ったシャンプーです。

成分を順に見ていくと、
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルグルタミン酸Naは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ココアンホプロピオン酸Naはアミノ酸に近い構造の両性界面活性剤で、肌刺激性がとても低く、穏やかにコンディショニング効果を与えるソフトな洗浄剤。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。

極めて低刺激で肌に優しい洗浄剤の構成となっています。

それでいてある程度泡立ちもしっかりとして、洗った感のある構成です。

その他の成分をピックアップすると、

カプリン酸グリセリルやラウリン酸ポリグリセリル-10などで抗菌効果を狙い、
オノニスエキスはイソフラボンやタンニンなどを含有し、抗炎症、抗アレルギー作用を付与します。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
スギナエキスはメラニン生成を抑制、代謝促進。
セイヨウノコギリソウエキスは抗酸化作用、抗菌、抗炎症、収れん作用を付与。
タチジャコウソウエキスはシソ科、葉・茎から抽出。香辛料としても用いられます。抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、収斂、抗菌作用などを付与。
フキタンポポエキスは収れん、抗炎症、皮膚機能活性化作用を付与。
メリッサ葉エキスは皮脂抑制、線維芽細胞産生促進、抗菌作用。
その他、ティーツリー油、ラベンダー油といったところでも防腐効果を狙い、パラベンは無しとなっています。

特徴としては明らかに、低刺激、マイルドなところを狙っているようです
ちょうどよい洗浄性と、質の良いエキスの相乗効果、さらに添加剤のマイルドな設計などが調和し、
バランス良く好印象なシャンプーと見られます。

多少価格は高めですが、内容的には納得できるレベルの処方だと言って差し支えないでしょう。

まずまず好印象。

ピュアドロップシャンプーの宣伝文,商品説明:

天然植物ハーブ10種類に、
オーストラリアの伝統的なハーブである
ティーツリー油とアロマの王道であるラベンダー油を
贅沢に配合した肌にやさしいアミノ酸シャンプーです。

ピュアドロップシャンプーの全成分:

水、ラウラミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa 、ココイルグルタミン酸Na、ココアンホプロピオン酸Na 、ココイルメチルタウリンNa、BG、グリセリン、ベタイン 、ポリクオタニウム-10、カプリン酸グリセリル 、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10 、ジオレイン酸PEG-120、メチルグルコース、アルテア根エキス、オノニスエキス、カミツレ花エキス、スギナエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、セロリエキス、タチジャコウソウエキス、フキタンポポ花エキス、メリッサ葉エキス、フェノキシエタノール、クエン酸、ホホバ種子油、ティーツリー葉油、ラベンダー油