シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
プルクルシャンプー(プルクル) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

プルクルシャンプー

プルクル

pulukulu

プルクルシャンプーの格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: 〇
さらさら感:△
ダメージ補修力: 〇
健康毛適性: △
敏感肌適性: 〇
さっぱり感: X
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: △
1mlあたり11 円
(プルクルシャンプー)250 ml/2800 円

プルクルシャンプーの解析結果

「プルクルシャンプーは、100%の洗浄成分・栄養分が含まれています。」ということは、、どういう意味ですか?
水も入れないで100&洗浄剤(界面活性剤)や栄養分(そもそも髪にとっての栄養って?)だけで構成しているというように解釈できますが、
全成分を見ると一般的な製品と何が違うのかわかりかねますね。
よくわかりませんが、内容を見ていきたいと思います。
べースのラウラミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、洗うのもコンディショニング効果も付与できるという二刀流成分。
さらにココイルグルタミン酸TEAはしっとり系で上質な感触が特徴。
ココイル加水分解コラーゲンTEAも非常にシットリ感溢れる成分ですが、洗う能力は微々。
ラウロイルシルクアミノ酸Naも同様にコンディショニング成分ですね。
PCAイソステアリン酸PEG40水添ヒマシ油は非イオン界面活性剤ですが、エモリエント性のあるしっとり成分。
疑似セラミドは持続性のある保湿成分で、セラミドに似せて作っているため親和性の高さも売り。
アミノ酸各種、密着性のあるキシリトールも配合。

ちょっと説明文で謎な部分はありますが、
概ね内容は優等生。
使用感、コンディショニング効果ともに上等な部類です。
さっぱり感があまりありません。
ほとんどしっとり感のみでも良いという方向けの製品と言ってもいいコンディショニングシャンプー。

プルクルシャンプーの宣伝文,商品説明:

プルクルシャンプーは、「栄養で髪を洗う」をコンセプトに、高いコンディショニング力をもったコラーゲンとシルクが配合したノンシリコンシャンプーです。
一般的なノンシリコンシャンプーでは、せいぜい25%程度の洗浄成分・栄養分しか含まれておりませんが、プルクルシャンプーは、100%の洗浄成分・栄養分が含まれています。
栄養分には、コラーゲン・シルクプロテイン・アミノ酸を配合し、他のノンシリコンシャンプーとは一線を画す最高級シャンプーに仕上がっております。

プルクルシャンプーの全成分:

水,ラウラミドプロピルベタイン,ココイルグルタミン酸TEA,ラウラミドDEA,ココイル加水分解コラーゲンTEA,グリセリン,ラウロイルシルクアミノ酸Na ,ポリクオタニウム-10,,PCAイソステアリン酸PEG40水添ヒマシ油,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),水添レシチン,PCA-Na,乳酸Na,アルギニン,アスパラギン酸,PCA,グリシン,アラニン,セリン,バリン,プロリン,トレオニン,イソロイシン,ヒスチジン,フェニルアラニン,キシリチルグルコシド,無水キシリトール,キシリトール,レシチン,グリコール酸,フェノキシエタノール,EDTA-2Na,プロピルパラベン,メチルイソチアゾリノン,メチルクロロrイソチアゾリノン,香料