シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ラフィスケアシャンプー
(活里
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ラフィスケアシャンプー

活里


ラフィスケアシャンプー のオススメレベル

ラフィスケアシャンプー の解析結果

安いシャンプーよりは吉。ただ、粗め。


肌への優しさという点では、ラウレス硫酸Naベースのシャンプーなどに比べれば良い方ではあります。
ただし、上質さを感じるというよりは、ざっくりとした洗浄感に近いタイプともいえるでしょう。


用途が難しい


頭皮には多少マイルドだが、カチオン界面活性剤やシリコーン系などの余計な刺激性、皮膜感が乗っかるのはいただけない。
かといって髪に抜群に良いというわけでもなく、
値段なりと見るのが妥当な、やや粗い作りのシャンプーです。


[PR]

ラフィスケアシャンプー の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、ラウロイルメチルタウリンNa、BG、ベタイン、シソエキス、ジメチコンコポリオール、オクチルドデカノール、ステアリルトリモニウムブロミド、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、グリチルリチン酸2K、クエン酸、フェネチルアルコール、ココイルアルギニンエチルPCA、ゲラニオール、シトロネロール、ヒアルロン酸Na

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
シソ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、収れん作用、抗アレルギー作用、発汗作用。
ジメチコンコポリオールはポリエーテル変性シリコーンで、毛髪、皮膚により優れた滑り、保湿性を付与します。
オクチルドデカノールは薄い皮膜を形成し、さらっとしたタッチを与える油性成分。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。

    ラフィスケアシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/600ml
  • 価格/1587円
  • 1mlあたり/2.65円

ラフィスケアシャンプー の宣伝文,商品説明:

植物性の素材から生まれた弱酸性の低刺激アミノ酸シャンプーです。
アミノ酸系活性剤を主体にシソエキスとヒアルロン酸を配合で毛髪をすこやかに保ちうるおいを与えます。

[PR]
ラフィスケアシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム