シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
レイニー トータルウォッシュ クラシック
(スカイ・グループ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

レイニー トータルウォッシュ クラシック

スカイ・グループ


レイニー トータルウォッシュ クラシック のオススメレベル

レイニー トータルウォッシュ クラシック の解析結果

頭皮環境ケア能力は高いが洗浄剤がダメ。


頭皮の収れん作用、殺菌作用、皮脂コントロール能が際立つ添加成分。
特に、皮脂コントロールにおいては有益であろうことが予想される一品ですが、
やや殺菌力が強い点、脱脂力が過多である点で評価は大きく下がります。

ある意味、皮脂が非常に多く困っているような方には一時的に役立つタイプですが、総合的に見てデメリットのほうが大きくおすすめできません。


[PR]

レイニー トータルウォッシュ クラシック の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、アルギニン、カキタンニン、ルイボスエキス、サトウキビエキス、ムクロジエキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス、クリサンテルムインジクムエキス、コプチスチネンシス根茎エキス、ローズマリー葉エキス、ハマメリス葉エキス、オウゴン根エキス、アロエベラ葉エキス、メリッサ葉エキス、ラベンダー花エキス、セージ葉エキス、チャ葉エキス、ポリクオタニウム-10、ピロクトンオラミン、グリセリン、クエン酸、クエン酸Na、炭酸Na、炭酸水素Na、塩化Na、PPG-7、BG、エタノール、安息香酸Na、EDTA-2Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール、クロラミンT、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を持つ。
ルイボスエキスは南アフリカ原産のアスパラサス・リネアリスより抽出されるエキス。カフェインを含まず、抗酸化作用が高い。
サトウキビエキスイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。
ムクロジエキスはサポニンを豊富に含んでおり、抗菌・抗炎症作用を付与。
フランスカイガンショウ樹皮エキスは有効成分ピクノジェノールを含有。皮膚から浸透し、コラーゲン、エラスチンと結合して保護する作用、抗菌・抗酸化・抗ニキビ・抗炎症作用を付与。
クリサンテルムインジクムエキスはスリミング作用、脂肪分解作用を特徴としています。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
ハマメリス葉エキスは穏やかな抗炎症作用を付与。
アロエベラ葉エキスは抗炎症、線維芽細胞増殖促進作用、抗菌作用を付与。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
ピロクトンオラミンは真菌殺菌剤。しかし、殺菌という行為自体が肌刺激になり、常在菌のバランスを壊して逆に健常者の頭皮を悪化させる恐れがあります。
クロラミンTは芳香族スルホン酸アミドの殺菌防腐剤です。粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗い流すものに対して100g中に0.30gまで配合可、粘膜に使用する場合は使用不可の成分です。

    レイニー トータルウォッシュ クラシック の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.7

  • 素材の品質:2
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/500ml
  • 価格/1728円
  • 1mlあたり/3.46円

レイニー トータルウォッシュ クラシック の宣伝文,商品説明:

髪・顔・カラダ、全部洗えるオールインワンシャンプーです。
泡立ちが良いラウレス系と肌・髪によりやさしいアミノ酸系の界面活性剤をブレンド。
アミノ酸系シャンプーでは洗い落とせなかった、男性特有のガンコな皮脂や汗も泡が洗い流し、植物成分が肌・髪に優しく潤いを与えます。アルギニン(ボディケア効果)・カキタンニン(消臭成分)、ハマメリスエキス(皮脂抑制成分)、アロエベラエキス(整肌成分)配合。
トップ・ミドル・ラストへと変化する、知的でスタイリッシュな印象の香りです。

[PR]
レイニー トータルウォッシュ クラシック 2017 (c)シャンプー解析ドットコム