シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ラティエ アロマシャンプー(アイフリークプロダクツセールス) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ラティエ アロマシャンプー

アイフリークプロダクツセールス


ラティエ アロマシャンプーの格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:△
敏感肌適性:〇
さっぱり感:△
コシを出す感:X
まとまり:△
1mlあたり4.1 円
500 ml/2052 円

ラティエ アロマシャンプーの解析結果

育ちのいいシャンプー、優等生な佇まい。


アミノ酸やシルク系洗浄剤を軸にしたマイルドなタッチと、
頭皮ケアのエキス類が揃うスキャルプ系シャンプーと目される一品。

洗浄性は比較的さっぱり系で、低刺激ながら洗った感を残す適度な設定となっています。
フケ・薄毛の改善に有効なエキスセットや、ローズ水の皮膚代謝促進効果などで組まれている内容です。

印象としてはスキャルプ系シャンプーとして過不足なくバランスの良い設計が好印象。
特にデメリットも少なく、安心して使える一品と紹介できます。

強いて言えば、個性がない

という見方も。

というのも、低刺激で、ほどよく洗えて、シルキーなタッチで、と、優等生な仕上がりは否定できませんが、
飛び抜けた能力があるわけでもないのが玉に瑕。

はっきりとした特徴がないので、飽きるのも早いタイプといえるかもしれません。

ダメージ毛をとびきり補修するとか、薄毛改善効果が素晴らしいとか、泡立ちが豊かだとか、どの要素も際立ったものがないおとなしいシャンプーと見られる可能性もあるでしょう。

アミノ酸系のシャンプーが好みで、それほど個性を求めず安心して使えることを重視するならばアリな一品だといえます。


主な成分の解説

ココイルアラニンNaは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルメチルアラニンNaは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
ラウロイルシルクアミノ酸Naはシルク由来アミノ酸系洗浄剤です。マイルドで毛髪への吸着性が高く、髪を保護しながら洗うことができる特徴。
ローズ水はセイヨウバラまたはダマスクバラの花を水蒸気蒸留によって得られる芳香性の水。表皮からβ-エンドルフィンの遊離を促進する作用があり、皮膚細胞代謝活性化、メラニン生成抑制作用を持つ。
サクラ葉エキス(ソメイヨシノ葉エキス)は肌荒れ、抗炎症、美白作用を付与。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。

ラティエ アロマシャンプーの全成分:

水、ココイルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ココイルメチルアラニンNa、ラウロイル加水分解シルクNa、BG、ローズ水、ザクロエキス、カンゾウ根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン(羊毛)、ポリアスパラギン酸Na、エチドロン酸、カエサルピニアスピノサヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム‐10、クエン酸、塩化Na、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、香料

ラティエ アロマシャンプーの宣伝文,商品説明:

アミノ酸系洗浄成分を高配合し、モチモチしたしっかりとした泡立ちで満足な洗い心地に。
加水分解ケラチンや加水分解コラーゲン、12種類の植物エキスが頭皮や毛髪に働きかけ、ハリ・コシを実感。