シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
リメイク シャンプー ブラウン(株式会社フジコスメディック) ボディーソープ解析ドットコム
[スポンサーリンク]

リメイク シャンプー ブラウン

株式会社フジコスメディック


リメイク シャンプー ブラウンの格付け

★★
☆☆☆

洗浄性:◯
使用感:△
安全性:X
1mlあたり5.5 円

リメイク シャンプー ブラウンの解析結果

ハードルをずいぶんと上げながら、中身に苦笑。


宣伝文だけ読むと、一体どれほど質の良いシャンプーなのかと期待を持たせてくれるシャンプーですが、
標準的なシャンプーと比べても見るからに粗い作りであることや、通信販売における全成分の誤字の数々など、
信用性という評価があったらかなり低いと言わざるをえない一品であります。


注目ポイント

アミノ酸系洗浄剤がマイルド云々という謳い文句のわりに、高配合になっているエタノールやラウリル硫酸TEAなど、
イメージと真逆の刺激&浸透性&脱脂力強烈な素顔が垣間見える点が注目。


注意点

これらの粗い作りは、サロンがプロデュースなどとは恥ずかしくて言えないレベルといえる内容です。


総評

「薬剤にこだわったサロン」プロデュースというこのシャンプー、
何のクオリティも感じさせない、平凡かそれ以下のレベル。
ペリセア、リピジュア配合程度では、昨今の標準から考えると特別秀でたポイントとはいえず、
逆にラウリル硫酸TEAというデメリット丸出しの洗浄剤をミックスしている点は評価を下げます。

お世辞にも質の良い製品とはいえず、なおかつ見苦しいほどの成分の誤字・ご表記の連続で辟易します。
もし、薬剤にこだわりを持ちたいのでしたら成分を正しく覚えることから始めるべきでしょう。


主な成分の解説

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウリル硫酸TEAは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
セテアレス-60ミリスチルグリコールは増粘性と泡安定性の付与。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。

リメイク シャンプー ブラウンの全成分:

リメイク シャンプー ブラウンの宣伝文,商品説明:

髪と同じアミノ酸ベースのやさしい洗い上がりにより
カラーやパーマが長持ちします。
更には人工血管などに用いられ、水に流れにくく高いコーティング効果のある
リピジュアや、保湿アミノ酸、ぺリセアを贅沢に配合。
指通りの良い、滑らかな感触に仕上げました。
フレッシュアロマの香りもリラックス効果抜群